豪ドル円のスワップポイントがマイナスにならない3つの理由

豪ドル
▼スポンサー「マネフルFX」さん▼
マネフルFX
豪ドル円のスワップポイントがマイナスにならない3つの理由はこちら!
①豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントが13年間プラスで推移しているから
②オーストラリアと日本の政策金利の差が20年間プラスで推移しているから
③オーストラリアと日本の政策金利戦略の違いにより過去20年間、常にオーストラリアの金利の方が高いから

こんにちは!豪ドル一筋6年のねくです(@nekutaru)

今回は「豪ドル円のスワップポイントがマイナスにはならない3つの理由」についてお話します。

豪ドル円を買おうとしてるそこのあなた!

「スワップポイントがマイナスになったら嫌だなー」

とか思ってませんか?

大丈夫です!99.9%マイナスになることはないです(*´ω`*)
その理由は本文でお話します。

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

豪ドル円のスワップポイントがマイナスにならない3つの理由

Youtube毎日投稿しています。チャンネル登録お願いします!(動画投稿の通知が受け取れます)

▼スワップポイントって何?という方はこちらをお読み下さい▼

【FXとは何か】をわかりやすく説明します 【入門編】
①FXとは通貨を交換して儲ける金融商品のこと ②FXで儲ける方法は2つ ・通貨の価値の変動で儲ける ・通貨の金利で儲ける ③FXはリスク管理が命

▼豪ドル円を買うならヒロセ通商がオススメです(*^^*)私も8,160万円分買っています♪▼
>>私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら!<<

▼ヒロセ通商は豪ドル円のスワップポイントNo.1です!その理由はこちら▼
【毎月更新】豪ドルスワップポイントの推移を比較【13社分】
【2018年10月分】毎週のスワップポイントの推移をランキング!今月は1位がパートナーズFXnanoで50.1円/日。2位がヒロセ通商とJFXで、平均50.0円/日。豪ドル投資には欠かせない情報も盛りだくさん【詳細は本文をご覧下さい】

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントがマイナスにならない3つの理由

3つの理由はこちら!

①豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントが13年間プラスで推移しているから
②オーストラリアと日本の政策金利の差が20年間プラスで推移しているから
③オーストラリアと日本の政策金利戦略の違いにより過去20年間、常にオーストラリアの金利の方が高いから

以上の理由により、99.9%の理由で豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントはマイナスにならないです。

※「ロング」とはFX用語で「買い」を表します。「ショート」は「売り」です。

具体的に見ていきましょう。

1番上の目次(もくじ)に戻る

①豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントが13年間プラスで推移

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントがマイナスにならない理由の1つ目は

「過去のスワップポイント実績から考えるとありえないから」です。

では以下、2社分のスワップポイント実績を比較してみます。

私がイチオシしているヒロセ通商(10年分)
最も過去のデータが取得できたクリック365(13年分)

※クリック365とは東京金融取引所が運営するFXで信頼性が高いと言われています。

ヒロセ通商における豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの推移

ヒロセ通商における、豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの推移10年分です。
スワップポイントは1万通貨に対して1日で付与される額の月平均となっています。

10年間も50円前後を維持しています。
当然ですが、スワップポイントがマイナスになることなど一度もありません。

クリック365における豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの推移

クリック365における、豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの推移13年分です。
スワップポイントは1万通貨に対して1日で付与される額の月平均となっています。

13年間スワップポイントは常にプラスです。

近年スワップポイントが下がり気味のようです。

こちらも当然ですが、スワップポイントがマイナスになることなど一度もありません。

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの推移(ヒロセ通商とクリック365)

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの10年間分をヒロセ通商とクリック365で比較。

2008年から2014年前半までは、クリック365のスワップポイントが高いです。

2014年以降はヒロセ通商の方が豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントは高いですね。

少し見にくいので2015年以降を拡大してみます。

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの推移(ヒロセ通商とクリック365)を拡大

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントの3年間分をヒロセ通商とクリック365で比較。

グラフからは以下のことがわかりました。

・ヒロセ通商のスワップポイントは安定して高い
・クリック365のスワップポイントは波がある
・近年の平均値でいうと、ヒロセ通商の方が豪ドル円のスワップポイントは高い

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントはヒロセ通商が1番高いと言えます。

▼FX各社の豪ドル円買いのスワップポイントの推移はこちら▼

【毎月更新】豪ドルスワップポイントの推移を比較【13社分】
【2018年10月分】毎週のスワップポイントの推移をランキング!今月は1位がパートナーズFXnanoで50.1円/日。2位がヒロセ通商とJFXで、平均50.0円/日。豪ドル投資には欠かせない情報も盛りだくさん【詳細は本文をご覧下さい】

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントがマイナスにならない理由の1つ目 まとめ

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントがマイナスにならない理由の1つ目は

「過去のスワップポイント実績から考えるとありえないから」でした。

具体的には

・過去13年間、豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントはマイナスになっていない
・過去3年間において、豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントはヒロセ通商 > クリック365

と言えます。

▼豪ドル円を買うならヒロセ通商がオススメです(*^^*)私も8,160万円分買っています♪▼
>>私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら!<<

次は2つ目の理由である、オーストラリアと日本の政策金利の差を見ていきましょう。

1番上の目次(もくじ)に戻る

②オーストラリアと日本の政策金利の差がプラスで推移

豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントがマイナスにならない理由の2つ目は

「オーストラリアと日本の政策金利の差は20年間プラスで推移しているから」です。

まずスワップポイントの考え方として、豪ドル円であれば

オーストラリアと日本の政策金利の差がスワップポイントに反映されます。
オーストラリアと日本の政策金利の差が常にプラスであれば、スワップポイントも常にプラスと言えます。

現時点ではオーストラリアと日本の政策金利の差は20年間プラスで推移しています。

では、それぞれの国の政策金利の推移をチャートで見てみましょう。

日本の政策金利の推移をチャートで見る

日本の政策金利の推移をチャートで見ていきます。

1998/9~2018/8までの20年間です。

2つのことがわかります。

・9年間0.10%と超低金利
・リーマンショック前ですら0.5%という低金利

日本の政策金利が0.5%を越える日は当分来ないと言えます。

次は、オーストラリアの政策金利の推移をチャートで見てみます。

オーストラリアの政策金利の推移をチャートで見る

オーストラリアの政策金利の推移をチャートで見てみます。

1990/1~2018/8までの28年間です。

オーストラリアの政策金利は段階的に下がっており、2016年以降は1.5%で安定しています。

オーストラリアの政策金利は今後緩やかに上がると考えています。

オーストラリアの政策金利の見通しはこちら▼

【2018年 見通し/予想】豪ドルの金利は上がる?豪ドルは100円行く?
結論はこちら!【豪ドルの金利は上がるか】⇒「中期的(1~3年)には上がる」【豪ドルは100円に到達するか】⇒「1,2年は厳しい」【詳細はこちらをクリック!】

次は、オーストラリアと日本の政策金利の差をチャートで見ていきましょう。

オーストラリアと日本の政策金利の差をチャートで見る

オーストラリアと日本の政策金利の差をチャートで見ていきましょう。

1998/9~2018/8までの20年間です。

2つのことがわかります。

・好景気のピーク時で6.75%の差
・現時点は1.4%の差

今後以下の場面は想像しにくいため、オーストラリアと日本の政策金利の差はなかなか埋まらないと思います。

・日本の政策金利はドンドン上がる場面
・オーストラリアの政策金利がドンドン下がる場面
つまり、豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントがマイナスになる日はなかなか来ないということです。
次はオーストラリアと日本の政策金利戦略の違いを考察します。

1番上の目次(もくじ)に戻る

③オーストラリアと日本の政策金利戦略の違い

オーストラリアと日本の政策金利戦略の違いについて考察します。

一言で言えば、以下の通りです。

・オーストラリアは自国に投資マネーを集めるために利上げをしている
・日本は景気回復のためにひたすら政策金利を下げ続けている
それぞれ説明します。

オーストラリアの政策金利戦略

オーストラリアは自国に投資マネーを集めるために利上げをしています。

今まで、オーストラリアは金利を出来るだけ上げてきました。
だから、今後もスキがあれば金利を上げて行くと思います。

つまり、同じ状況であれば、オーストラリアは日本よりも利上げをしやすいと言えます。

今まで、オーストラリアは金利を上げたかったが、経済成長を優先したため、出来ていない
という状況です。

経済成長を優先した結果、オーストラリアの経済は27年連続で景気後退していない唯一の先進国となっています。

政策金利が下げ止まって2年弱経ちます。

来年(2019年2月)あたりには利上げが始まるのでは

という専門家の声(野村證券のコメント)も出始めています。

▼オーストラリアの政策金利戦略についてはこちらに書いています▼

【比較】豪ドルと米ドルどっちがスワップポイント向き?金利の長期チャートで検証!
【結論】ずばり豪ドルです!【理由】①スワップポイントが「高く」、かつ「安定している」こと②暴落時の下限が読みやすいこと【詳細はこちらをクリック!】

▼オーストラリアの経済を知りたい方はこちらへ▼

【オーストラリア経済まとめ】豪ドル投資家必見!
オーストラリアはこんな国です。 ①人口密度は日本の100分の1。国土の4割は人が住めない ②人口は年1.55%で増加(グラフ有り)。出生率は1.89と高い ③国力のために高い移民比率を維持している ④GDP、CPI、失業率。どれを見ても経済は堅調 ⑤貿易相手は中国と日本と主な輸出は鉄鉱石・石炭 ⑥豪ドルが影響を受けるのは中国と資源価格と世界経済

日本の政策金利戦略

日本は景気回復のためにひたすら政策金利を下げ続けています。

現時点で既に0.1%となっており
これ以上、下げれない水準にまで来ています。

日本の政策金利が上がる未来は全く見えません。

オーストラリアと日本の政策金利戦略の違い まとめ

オーストラリアと日本の政策金利戦略の違いについては、以下の通りです。

・オーストラリアは自国に投資マネーを集めるために利上げをしている
・日本は景気回復のためにひたすら政策金利を下げ続けている

両国の政策金利戦略の違いにより、
オーストラリアと日本の政策金利の差は大きくなりやすいと言えます。
つまり、スワップポイントはプラスになりやすいです

ゆえに、豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントはマイナスになりません。

1番上の目次(もくじ)に戻る

おわりに

今回は
豪ドル円のスワップポイントがマイナスにならない3つの理由
についてお話しました。

3つの理由はこちらです!

①豪ドル円ロング(買い)のスワップポイントが13年間プラスで推移しているから
②オーストラリアと日本の政策金利の差が20年間プラスで推移しているから
③オーストラリアと日本の政策金利戦略の違いにより過去20年間、常にオーストラリアの金利の方が高いから

安心して豪ドル円を買えますね٩( ‘ω’ )و

豪ドル円を買うならスワップポイントが一番高い「ヒロセ通商」がおすすめです。
私も8,160万円相当買ってます。
今なら、他社から乗り換え&豪ドル1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!」
▼5分で開設可能こちらからサクッとどうぞ!無料です▼
>>私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら!<<

▼豪ドルについて詳しく知りたい方はこちら▼

豪ドル投資家に読んでほしい6つのテーマ【必読】
豪ドル投資をこれから始める方向けに、豪ドル関連の記事まとめました!興味ある人はぜひ!

▼口座開設方法わからんなーって方はこちらをご覧下さい♪▼

【豪ドルの始め方①】ヒロセ通商の口座開設手順を【画像44枚で解説】
10分かからないので、サクッと口座開設しましょう(^^)

ではではー 良き投資ライフを(*^^*)

コメント