【2018年 見通し/予想】豪ドルの為替レートの推移を長期間チャート化

豪ドル
▼スポンサー「マネフルFX」さん▼
マネフルFX
こんにちは!豪ドル(オーストラリアドル)一筋6年のねくです(@nekutaru)
今回は
「長期間(30年間)の豪ドルの価格の推移をチャート化」

して分析し、見通しを書きました。

豪ドルの購入を検討しているあなたに見てほしいです。

豪ドルの長期的な価格の推移を知れば、
私がおすすめしている理由がわかります。(レンジ相場を形成しやすいからです)

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

【2018年 見通し予想】豪ドルの為替レートの推移を長期間チャート化

Youtube毎日投稿しています!チャンネル登録すると動画投稿の通知が受け取れます。

豪ドル買うならスワップポイントが高い「ヒロセ通商」がオススメ!私も9,239万円分買っています。
口座開設はヒロセ通商の公式HPからどうぞ。5分でサクッと出来ます!

豪ドルって長期に渡り巨大なレンジ相場を形成してるって知ってた?

こちらのグラフをご覧下さい。

 

豪ドル長期価格チャート

 

これは1991年から2018年までの豪ドルの価格の推移をチャートにしたものです。

 

チャートを見ると、豪ドルって長期に渡り巨大なレンジ相場を形成してるのがわかります。
30年間の間、上限が110円、下限が55円の範囲にいますね。

 

実はこの特性が、私が豪ドルに投資している理由の一つです。
変動幅が読みやすいので安心してレバレッジを掛けれます(掛けても1.5倍から2.5倍までです。)

 

▼豪ドルのレバレッジと金利についてはこちらで分析しています▼
豪ドル(FX)とFTSE100を比較!レバレッジも考えるとスワップポイントならどっちが良いの!?
【よりリターンが大きいのは豪ドル】年利は豪ドルが6.02%、FTSE100が5.35%です。その差は1割程度なので私は両方買うつもりです。【詳細はこちらをクリック!】
▼ねくさんが7000万円分の豪ドルを運用している理由はこちら▼
豪ドルスワップポイント狙いの裁量トレードを選んだ4つの観点
【観点①】FXはレバレッジコストがゼロ【観点②】豪ドルは金利が安定【観点③】スワップならトレードセンス不要【観点④】長期なら相対的な安値で買えば良い

目次に戻る

豪ドルの価格の推移についての分析

豪ドルの価格の推移に年代毎の出来事を絡めてお話します。

豪ドル長期価格チャート_加工版

丸がついている所が特徴的な年代です。
9つに分けて説明します。
①【1994年-1995年】日本のバブル崩壊 59.56円
②【1995年-1997年】世界経済好調&資源価格高騰に合わせて100円に迫る勢い
③【2000年-2003年】アメリカのドットコムバブル崩壊により長い低迷期 60円を切る安値
④【2003年-2008年】世界経済好調&資源価格高騰の波に乗る
⑤【2008年-2009年】リーマンショック 55.02円(2008年10月24日)
⑥【2009年-2013年】アメリカの経済テコ入れ(量的緩和1,2,3)
⑦【2013年】アベノミクス(2012年12月から)
⑧【2014年-2016年】5%から8%への消費税増税(2014年4月)で日本冷え込み
⑨【2016年-2017年】トランプ相場(2016年11月に就任)により好景気に

では個別に説明していきます。

①【1994年-1995年】日本のバブル崩壊

1991年は豪ドルは高いですが、
1995年の日本バブル崩壊にむけてみるみる下がっていき
最終的には59.56という最安値を記録します。
これはリーマンショック時の安値と同様の水準です。

 

やはりバブル時の衝撃はいつの時代も大きいようです。
用心しないとですね。

②【1995年-1997年】世界経済好調&資源価格高騰

世界経済好調&資源価格高騰に合わせて価格が戻っていきました。
ピーク時は100円に迫る勢いです。
こういう時は豪ドルはグングン上がっていきます

ただし油断は禁物です。

③【2000年-2003年】アメリカのドットコムバブル崩壊

アメリカのドットコムバブル崩壊により長い低迷期間に入ります。
IT企業が過大評価され、「XXドットコム」という名前の会社であれば
株価がドンドンあがる時期でした。

そして市場が本来の価値に気づいてバブルは崩壊しました。

豪ドルはこの時も60円を切る安値を記録しています。
60円というラインはかなり強力なサポートラインと言えます。

 

④【2003年-2008年】世界経済好調&資源価格高騰の波に乗る

この時代も豪ドルは一気に上がります
この頃には豪ドル=高金利通貨
というイメージが定着し、

日本でも、普通の主婦や学生がこぞって豪ドルを買いました

当時の豪ドルは
・金利が上がる
・それを見てスワップ狙いで買う
・価格も上がる
という、経済原理からは説明がつかないフィーバー状態でした。
しかし、その夢は突然崩壊するのです。。。

⑤【2008年-2009年】リーマンショック

リーマン・ブラザースの破綻をキッカケ、世界的な大不況が訪れました。
株価、為替は軒並み下がりました。
豪ドルに至っては、過去最安値の55.02円
を2008年10月24日に記録しました。

直前まで110円台だったことを考えると、今でも寒気がします。
私はこの頃は現物株だったので塩漬けして耐えました。

2008年までに豪ドルを買い続けていた方の大半はここで市場から退場しました。

⑥【2009年-2013年】アメリカの経済テコ入れ(量的緩和1,2,3)

リーマンショックを受けて、アメリカは量的緩和というテコ入れをしました。
簡単に言うと市場にお金をばらまいてインフレさせようとしたんですね。
アベノミクスと同じです。

アメリカは上手くやり、比較的早く経済を復興させました。
今もダウは高値を維持していますね。
アメリカってすごいです。
ただ、高値すぎるのでダウは少し買えないかなと思っています。

⑦【2013年】アベノミクス(2012年12月から)

あなたの記憶にも新しいのではないでしょうか。
アベノミクスで一番効果があったのは財政出動です。
これはアメリカの量的緩和と同じです。
市場にお金をどんどん投入したんですね。

そして金利を下げ、お金を借りやすくして、インフレを狙いました。
これは一定の効果はありました。
実際に株高や円安になりました。

「日本いけるぞ!」
ってみんなが思った結果ですね。

しかし、安倍さんはそこに水を指してしまいました。
そう、早すぎる消費税増税です。

⑧【2014年-2016年】5%から8%への消費税増税(2014年4月)で日本冷え込み

好景気に沸く日本に安倍さんはやってしまいました。
早すぎる増税です。
それにより景気は後退し、円高に振れていきます。
当然豪ドルも下がりました。

気持ちはわかります。

日本は支出が多すぎて国家として家計は破綻しています。

だから、主に国民に借金して生活しているのです。

そのため、消費税を上げて少しでも収入を高くしたい

しかしタイミングが悪すぎました。

しっかりと
・インフレが確認できて
・国民の所得が上がって
・みんなが好景気だ!と思う

その状態を待つべきでした。

こうして日本は未だにインフレを実現出来ていません。
豪ドルもなかなか上がりませんね。

⑨【2016年-2017年】トランプ相場(2016年11月に就任)により好景気に

まさかのトランプ大統領の誕生に市場は困惑しました。
しかし、フタを空けてみれば
トランプは企業のための施策を打ちました。
例えば法人税の大型減税です。

トランプ就任当時から既にアメリカは好景気に湧いていました。
そんななか更に減税をしたのです。

最近は経済が加熱しないよう
アメリカの中央銀行的な役割を果たしている
FRB(連邦準備制度理事会)は戸惑いながら、利上げを急いで進めています。
※2018年6月時点で1.75~2.00%/年です。あと2回年内に利上げする意向を見せています。
ちなみに日本は-0.1%、EUは0.00%、豪ドルは1.5%です。
アメリカだけ異常ですね。

好景気減税するアメリカ。
不景気増税する日本
とは対象的ですね。

それぞれの国がどういう道を歩むのか、
豪ドルへの影響も大きいので注意深く見ていきたいと思います。

まとめ

こうしてみると、豪ドルは
オーストラリアの経済よりも
・世界経済
・日本経済

に大きく影響されていることがわかります。

経済の規模から考えると妥当ではあります。
豪ドルの今後を占うにあたり、世界経済と日本経済を考慮するのは必須といえます。

世界経済はアメリカが利上げを始めたことで失速が予測され始めています。
日本経済はアベノミクスでもインフレに出来ず、消費税をあげようとしています(2019年10月)

このあたりがキーになり相場が崩れてくるのではと予想しています。
ただそれが何年後なのか、はわかりません。
気持ちの準備はしておきましょう。

目次に戻る

豪ドル長期間(30年分)の価格の推移(データ)

豪ドル長期間(30年分)の価格の推移(データ)を公開します。
月別に表示しています。

豪ドル長期価格推移(1991-2018)

・76円以下の月は青く
・95円以上の月は赤く
しています。

 

各年代の分析は先程述べた通りです。

 

長期間の価格の推移を見る場合、チャートもわかりやすいですが、
具体的な価格が見える、表形式も見やすいかなと思います。

目次に戻る

豪ドルの今後の見通し

豪ドルの今後の見通しについて
・短期(1年以内)
・中期(1年~5年)
・長期(5年~30年)
の観点から簡単にお話します。

短期(1年以内)

76円から90円の狭い範囲でレンジを想定しています。
大きくは動かないのではと考えます。

 

中期(1年~5年)

遠くない将来にリーマンショック級の下落があるのでは?と考えています。
つまり76円を切ってくることも想定しています。

 

長期(5年~30年)

もう正直言って5年後以降のことはわかりませんが、
長い目で見ると「円安/豪ドル高になる」と考えています。

 

これは単純に円が弱くなると思っているからです。

▼円が弱くなると思う理由は日本の経済の弱さです!こちらに書いています▼

【日本経済まとめと見通し】政策金利や為替レート等をチャート化
日本の将来は暗いため、投資はおすすめ出来ません 理由は3つ ①超低金利(0.1%)、かつ為替レートが高い(円安)のため保有メリットがほぼない ②20年の間、経済成長率が低く、インフレ率も低いため経済成長が期待出来ない ③人口の減少が始まっており、今後も加速する可能性が高い

まとめ

短期的には下値での買い場を探しますが、
中期的には暴落のリスクも考えて上値は追いません。
長期的には上がると考えていますので、安い所では強気で買っていきます。
▼豪ドル価格の見通しの詳細についてはこちら▼
【豪ドルの買い場(買い時)はいつ?】豪ドル相場分析と今後の見通し
豪ドル9,280万円分保持のねくさんが豪ドル相場分析したよ!

目次に戻る

おわりに

今回は
「長期間(30年間)の豪ドルの価格の推移をチャート化」

して分析し、見通しを書きました。

豪ドルの購入を検討しているあなたに見てほしいです。

豪ドルの長期的な価格の推移を知れば、
私がおすすめしている理由がわかります。(レンジ相場を形成しやすいからです)

はむぞー
はむぞー
最後まで見てくれてありがとう!
ねくさん
ねくさん
豪ドルに興味が出たら少額から投資してみて下さいね。

1番上の目次(もくじ)に戻る

豪ドル投資についてもっと知りたい方は「豪ドル投資家に読んで欲しい記事まとめ」をご覧下さい。

豪ドルならスワップポイントが一番高い「ヒロセ通商」がおすすめです。私も9,239万円相当買ってます。
他社から乗り換え&豪ドル1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!」

▼5分で開設可能こちらからサクッとどうぞ!無料です▼
私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら

▼おすすめのFX会社「ヒロセ通商」について詳しくまとめています▼

ヒロセ通商は豪ドルのスワップポイントが高いだけじゃない!【ヒロセ通商まとめ】
私が6年間利用している「ヒロセ通商」についてまとめました。特徴の一例はこちら。①FX業界では数少ない上場企業 ②NDD方式を採用しており信頼性が高い追証なしの即ロスカットなので、資産を守りやすい【詳細はこちらをクリック!】

ではではー 良き投資ライフを(*^^*)

1番上の目次(もくじ)に戻る

コメント