豪ドル

豪ドル

【豪ドル建て保険は投資目的なら損です】4つの理由を説明!利益3割減!?

【4つの理由】①あなたの保険料が保険会社の経費の元 ②為替手数料が高い ③金利の一部が保険会社の利益に ④途中解約で元本割れ『詳細はこちらをクリック!』
2018.12.28
豪ドル

豪ドルを動かす経済指標(オーストラリア等)の見方を徹底解説!

【豪ドルを動かす経済指標の見方を解説】主な経済指標⇒☑GDP ☑CPI ☑政策金利 ☑PMI(中国のみ)【詳細はクリック!】
2018.12.28
豪ドル

【豪ドル投資のリスク&リターン】豪ドルの資産運用方法を解説!

■豪ドル投資の重要なリスクは「為替変動リスク」 ■豪ドル投資のリターンは「為替差益」と「スワップポイント」 ■豪ドルの資産運用方法は ①豪ドルが下がったら買う ②レバレッジは2.7倍以下 ③長期保有でスワップポイント狙い【詳細はこちらをクリック!】
2018.12.28
豪ドル

【豪ドルの変動要因】4つの原因(金利・資源・中国・世界経済)を徹底解説!

【豪ドル変動要因】①オーストラリア政策金利 ②中国の政治経済 ③資源価格 ④世界経済の動向 | 「変動要因」から、豪ドルの今後の見通しや売買のタイミングを考えましょう!具体例も多数用意!【詳細は本文をご覧下さい】
2018.12.28
豪ドル

【豪ドルとオーストラリア国債の利回り(金利)】の推移をチャートで比較|債券の購入方法も!

【まとめ】☑国債の利回りは歴史的に見て最安値。今、国債を買うことはおすすめ出来ない ☑豪ドルと国債利回りは関係しない(利回りが高い時に買えばOK) ☑国債利回りを見ると、政策金利の方向がわかる(今後上がる) ☑国債よりもレバレッジ1倍のFXで豪ドルを買うべき(利回りが22.7%良い) 【詳細はクリック!】
2018.12.28
豪ドル

【豪ドルのボラティリティは大きくない】理由と期間別変動率の推移を解説

【結論】☑豪ドルの年間ボラティリティはそんなに大きくない(スワップポイント投資向き) ☑日別で見た場合の平常時のボラティリティは小さい(短期トレードには向かない) ☑暴落した日のボラティリティは米ドルの1.5倍の大きさ(暴落時のみ短期トレード向き) 【詳細はこちらをクリック!】
2018.12.19
豪ドル

【豪ドルの特徴とは?】通貨の値動きやオーストラリアについて詳しくわかる!

【豪ドル円の通貨としての特徴】①高金利通貨なので比較的スワップポイントが高い②先進国通貨なので信頼性が高い③豪ドルと日本円の通貨ペアなので世界経済のリスクに敏感 『豪ドル投資をするなら』豪ドルの特徴や向き不向きを踏まえた上で、豪ドルでの資産運用を検討すると良いと思います。>>詳細はこちらをクリック!<<
2019.05.19
豪ドル

【豪ドルの金利(スワップポイント)はなぜ高い?】3つの理由とは

【豪ドルの金利が高い3つの理由】 ①高くしないとオーストラリアの国債が売れないから ②他国から投資マネー呼び込みたいから ③オーストラリアの景気がほどほどに良く、インフレ率が低くならないから『豪ドルは金利が高い割に信頼性の高い通貨なので、スワップポイント投資に最適!』
2018.12.14
豪ドル

豪ドルと資源価格(原油価格/鉄鉱石価格/石炭価格)との関係を考察!相関性はある?

【結論】「豪ドル円と資源価格に相関性はある」豪ドル円の値動きを予測するには、まず原油価格、次に鉄鉱石価格を見れば良い ☑オーストラリアの輸出は1位が鉄鉱石(21%) 2位が石炭(16%)の資源国である ☑原油は1.8%しか輸出していないが相関関係は一番強い。
2018.12.14
豪ドル

豪ドルとカナダドルどっちがスワップポイント投資向き?為替レート/政策金利/GDP/CPIを比較

【結論】豪ドルの方がよりスワップポイント投資向き。その理由はこちら ☑政策金利が同じだがスワップポイントは豪ドルが1.38倍高い ☑過去の政策金利を見ると豪ドルの方が圧倒的に高い ☑カナダの最近の利上げ速度が早く経済への影響に懸念アリ ☑GDPはオーストラリアの方が安定☑カナダのCPIが急上昇しており、要注意
2019.01.16