【ヒロセ通商とJFXどっちがいいか徹底比較】違いを細かく調査!

ヒロセ通商
はむぞー
はむぞー
ヒロセ通商とJFXってツールの見た目やスプレッド
スワップポイントが凄く似てるけどどっちがいいの?
ねくさん
ねくさん
ほぼ同スペックです。
あえてどちらか選ぶなら極わずかな差でヒロセ通商です。
JFXにしかない機能などもあるので参考にして下さい。

 

こんにちは!投資歴15年のねくです(@nekutaru)

 

今回は「よく似ている、ヒロセ通商とJFXの違い」を詳しく説明して行きます。

 

この記事にを読めば、あなたがどちらのFX会社を使うべきかわかります。

 

本記事のまとめが1分で読めます。

この記事のまとめ(1分で読めます)

ヒロセ通商とJFXどっちがいいのか

ほぼ同スペックです。

あえてどちらか選ぶなら極わずかな差でヒロセ通商です。
JFXにしかない機能などもあるので参考にして下さい。

 

ヒロセ通商とJFXの差分や重要項目について比較した表がこちらです。(2018/10/13時点)
赤文字がより優れている項目です。

こうやって表にしてみると、ヒロセ通商もJFXも甲乙つけがたいといった感じです。

 

ヒロセ通商とJFXの主な違いを詳しく説明

ヒロセ通商とJFXの主な違いは以下の通りです。

通貨ペアや電話サポート、バイナリーオプションなどで一歩リードするヒロセ通商
マーケット分析、ボラティリティ表、MT4で差をつけるJFX

両者のキャンペーンの内容も個性が出ていて面白いです。

 

ヒロセ通商とJFXはどう使い分けるべきか

主な使い分け方はこちらです。

  • マイナーな通貨ペアやバイナリーオプションを利用したい方、手厚い電話サポートを受けたい方はヒロセ通商がおすすめ
  • マーケット分析やボラティリティ表が見たい方、MT4で分析をしたい方はJFXがおすすめ

 

さらに言えば、どちらかのシステムが何らかの理由で使えなくなった時を想定すると、
両方使えるようにしておくのがおすすめと言えます。

 

スワップポイント投資をするならスワップポイントが安定して高い「ヒロセ通商」がおすすめ!

 

「ヒロセ通商」の公式サイトはこちら

\特別タイアップのため、当サイト限定で2,000円のキャッシュバック中!/「ヒロセ通商」で口座を開設して2,000円もらう

 

さらに、他社から乗り換え&1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!」

※当サイト限定特典と併用可能なので合計4,000円もらえます。

 

どちらかのシステムが使えなくなった時などを想定すると、JFXも開設しておくのがおすすめです。

JFXの公式サイトはこちら

分析ツールに強い「JFX」で口座を開設する

 

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

【ヒロセ通商とJFXどっちがいいか徹底比較】違いを細かく調査!

 

無料の投資メルマガを配信しています。

今なら登録特典でセミナー動画+資料をプレゼント。

投資やお金について学びたい方はぜひご登録下さい!

【ねくの投資メルマガ】の詳細はこちら

【ねくの投資メルマガ】投資歴15年のプロが教える無料メルマガ【登録特典付き】
【メルマガ特典でセミナー動画&資料をプレゼント中!】「投資について全くわからない初心者」でも、たった10通のメールを読むだけで、投資の基礎が学べ、投資詐欺を見破れるようになるそんなメルマガです!

【表で比較】ヒロセ通商とJFXどっちがいいのか?

はむぞー
はむぞー
結局、ヒロセ通商とJFXはどっちがいいの?
そしてどこが違うの?
ねくさん
ねくさん
ほぼ同スペックです。
あえてどちらか選ぶなら極わずかな差でヒロセ通商です。
JFXにしかない機能などもあるので参考にして下さい。

 

ヒロセ通商とJFXの差分や重要項目について比較した表がこちらです。(2018/10/13時点)

赤文字がより優れている項目です。

 

 

こうやって表にしてみると、ヒロセ通商もJFXも甲乙つけがたいといった感じです。

 

通貨ペアや電話サポート、バイナリーオプションなどで一歩リードするヒロセ通商
マーケット分析、ボラティリティ表、MT4で差をつけるJFX

 

両者のキャンペーンの内容も個性が出ています。

 

各項目については次の章で詳しく説明していきます。

 

JFXに興味が出てきた方はこちらのJFXの公式HPをご覧下さい。

分析ツールに強い「JFX」の公式ページはこちら

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

ヒロセ通商とJFXの主な違いを詳しく説明

はむぞー
はむぞー
ヒロセ通商とJFXの違いはざっくりとわかったかなー
違いをもっと詳しく教えて欲しい!
ねくさん
ねくさん
表の各項目毎に詳しく説明していきますね。
意外と違う所が多くて面白いですよ。

 

先程の比較表をもう一度見てみましょう。

 

 

各項目について説明してきます。かなり長いので興味のあるところだけお読み下さい。

 

上場

ヒロセ通商は2016年3月に東京証券取引所JASDAQ市場に上場

 

上場するFX会社が少ない中、上場しているというのは信頼できる要素の一つですね。

 

一方で、JFXは2009年5月29日にヒロセ通商の子会社になっています。

つまり、上場企業のグループ会社という立ち位置で同じように信頼出来ます。

 

上場会社だと信頼性が高いですよね。

結果として、安心して口座を開いて資産を頂けることが出来ると思います。

 

上場という観点だと、ヒロセ通商とJFXに大差はなく両方とも信頼出来ると言えます。

 

スプレッド&スワップポイント

スプレッドとスワップポイントについては全く同じで、差はありません。

同じ取引システムを使っているようなので、当然かも知れませんね。

 

ヒロセ通商もJFXも以下の特徴があるので、長期トレーダーにも短期トレーダーにもおすすめです。

・スワップポイントは豪ドルとNZドルが高く
・主要通貨のスプレッドは非常に狭い

 

スキャルピング

スキャルピングについてもヒロセ通商とJFXで差はなく「スキャルピングOK」と公式HPに明記しています。

日本のFX会社では珍しいですね。

 

NDD方式だから実現出来ることだと思います。

 

NDD方式については「 ヒロセ通商はNDD方式で信頼性が高い」をご覧下さい。

 

マージンコール(追証制度)

マージンコール(追証制度)についてはヒロセ通商、JFX共にありません。

証拠金が必要証拠金を下回った段階で強制ロスカットされます。

 

スワップポイント未決済引き出し

スワップポイント未決済引き出しとは、

毎日のスワップポイントをポジション決済することなく引き出すことです。

 

ヒロセ通商もJFXも最近のツール更新で可能になりました。

 

「新Java版」というPC用ツールを使えば可能です。

 

詳しくは、こちらのスワップポイントを未決済のまま引き出す方法(ヒロセ通商HP)をご覧下さい。

 

キャンペーン

キャンペーンに関しては両者の個性がかなり出る所なので、画像を交えて説明します。

 

一言で説明すると

  • ヒロセ通商 ⇒ 多様なプレゼントを用意
  • JFX ⇒ 美味しい食べ物が中心

といった感じです。それぞれ説明していきます。

 

ヒロセ通商のキャンペーン

 

最近のキャンペーン①「LION一番ラーメン」

 

 

最近のキャンペーン②「パスタセット」

 

 

どちらも非常に美味しそうですね。

 

それ以外に最近あったキャンペーンは

  • LION FX奥さま納得ピカピカセット&5種の超絶パスタ!
  • ゾロ目でドキドキ!ヒロセオリジナルグッズプレゼントキャンペーン!
  • 夏バテを吹き飛ばせ!スタミナ満点餃子定食プレゼント!

 

ユーザの奥さんに向けた掃除セットや、食べ物だけじゃないヒロセオリジナルグッズなど

ヒロセ通商のキャンペーンは多様なプレゼントを用意しています。

 

ヒロセ通商のキャンペーンについては「ヒロセ通商のキャンペーンを徹底攻略!」をご覧下さい。

【ヒロセ通商のプロが語る】キャンペーンを攻略して食品を上手くゲットする方法
【ヒロセ通商のキャンペーンの攻略方法】についてお話をします。ヒロセ通商のキャンペーンを上手く活用したい方におすすめです。上手く攻略することで、コストを掛けずにキャンペーンの商品をゲットすることが出来ます!

 

JFXのキャンペーン

 

JFXの最近のキャンペーン①「きねうちうどん&NEW YORK CHEESE CAKE」

 

 

ヒロセ通商のラーメンに対して、JFXではうどんとチーズケーキを用意しているようです。

 

そして定番の「小林芳彦あられ」私も何度ももらってます。結構美味しいんですよね。

 

 

上記以外の最近のキャンペーンはこちらです。

  • 加賀百万石の黄金伝説!ゴーゴー&チャンピオンカレーと黄金の焼菓子プレゼントキャンペーン!
  • 行列必至の人気イタリアン監修!4種のパスタソース&ガトーフェスタハラダのコーヒー&ティーゼリープレゼントキャンペーン!
  • 夏のどんぶり祭、開幕!4種のどんぶりとお米3銘柄食べ比べプレゼントキャンペーン!

 

ヒロセ通商に比べると、美味しい食べ物に特化したキャンペーンとなっていますね。

 

より美味しい食べ物が欲しい方はJFXで取引すると良いかも知れません。

両方で取引して両方のキャンペーンをもらうのも楽しそうですね。

 

通貨ペア

 

通貨ペアに関しては

・ヒロセ通商 ⇒ 50通貨ペア
・JFX ⇒ 24通貨ペア

となっており、ヒロセ通商が優れています。

 

ヒロセ通商で取引可能な通貨50ペアは以下の通りです。赤いセルがJFXにない通貨です。

特にメキシコペソ円はJFXでは取り扱っていません。

 

 

続いて、こちらがJFXで取引可能な通貨24ペアです。主要通貨は網羅しています。

 

 

JFXも主要な通貨ペアを網羅していますが、ヒロセ通商の50通貨ペアに軍配があがると言えます。

 

電話サポート

電話サポートはヒロセ通商が上です。

 

原則24時間の電話サポートが受けられます(土曜日17:00~月曜日8:30を除く)。

 

応対される方もコールセンターではなくヒロセ通商の社員の方となっており、

私も複数回かけていますが、的確に質問に答えてくれます。

 

 

一方でJFXは平日午前8:00~午後8:00となっており、夜遅くや週末は繋がりません。

 

分析ツール(独自)

分析ツールとしてはヒロセ通商もJFXも「マーケットナビ」という非常に大量の情報を提供しています。

 

JFXのマーケットナビの以下の通りです。

 

ヒロセ通商で基本的には同じ情報が見れます。
ただし、

・マーケット分析
・ボラティリティ表

はJFXだけの機能です。

 

分析ツールという意味ではJFXが一歩リードしていると言えます。

 

マーケット分析のメニューはこちらです。

 

ボラティリティ表はこちらです。

 

このようなデータが見たい場合はJFXで口座開設すると良いと思います。

 

分析ツール(MT4)

Meta Trader4についてはJFXのみで利用可能です。2018年5月に始まった新サービスです。

これはかなりの違いだと思います。

 

やはり分析系はJFXの方が強いと考えています。

 

ただし、チャート分析のみで発注は不可なのでご注意下さい。

 

 

詳細はJFXのMT4(公式HP)をご覧下さい。

 

外貨での出金

 

預けた外貨を外貨のまま出金についてですが、

ネット上で情報がなかったのでヒロセ通商とJFXに電話して確認しました。

・ヒロセ通商 ⇒ 対応していない
・JFX ⇒ 店頭であれば受取可能。ただし手数料がかかる

 

とのことでした。

 

若干JFXにプラスの情報ですが、手数料を考えると普通に両替で良いかも知れません。

 

バイナリーオプション対応

バイナリーオプションはヒロセ通商のみの機能です。

 

以前はJFXにもあったのですが、2016年4月16日に終了しています。

 

バイナリーオプションをやりたい方はヒロセ通商がおすすめです。

 

取引ツール

取引ツールについては以下の通りです。

 

・ヒロセ通商 ⇒ LION FX(IIJ)
・JFX ⇒ マトリックストレーダー

 

マトリックストレーダーもIIJのシステムを使っていると言われていますが、確認は取れませんでした。

ヒロセ通商もJFXもほぼ同スペックであることを考えると、同じIIJのシステムを使っていると推測出来ます。

 

ヒロセ通商がIIJのシステムを使っていることはこちらで公表されています(IIJの公式HP)

 

取引システムの方式

取引システムはどちらもNDD方式でディーラーが間に入らない透明性の高い方式を採用しています。

安心して取引ができますね。

 

NDD方式について知りたい方は「ヒロセ通商はNDD方式で信頼性が高い」をご覧下さい。

 

カバー先銀行数

顧客の注文を受けてくれるカバー先銀行の数です。

・ヒロセ通商 ⇒ 23行
・JFX ⇒ ヒロセ通商のみ

 

ヒロセ通商は23行の銀行に顧客の注文を流しているので、狭いスプレッドを提供出来ています。

一方、JFXはヒロセ通商のみに顧客の注文を流しています。

 

つまり、 JFX ⇒ ヒロセ通商 ⇒ 23行という流れで注文が流れるということですね。

 

JFXの方が間にヒロセ通商が入る分速度など落ちるかと思いきや、そんなことはないようです。

 

【まとめ】ヒロセ通商とJFXの主な違い

 

先程の比較表をもう一度見てみましょう。

 

 

ヒロセ通商もJFXも甲乙つけがたいといった感じです。

 

ヒロセ通商とJFXの主な違いは

通貨ペアや電話サポート、バイナリーオプションなどで一歩リードするヒロセ通商
マーケット分析、ボラティリティ表、MT4で差をつけるJFX

となっています。

 

両者のキャンペーンの内容も個性が出ていて面白いですね。

 

最後にヒロセ通商とJFXの使い分けについてお話します。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

ヒロセ通商とJFXはどう使い分ける?リスク分散のために両方活用がおすすめ

はむぞー
はむぞー
ヒロセ通商とJFXの違いはわかったけど、
どう使い分けるのが良いのかな?
ねくさん
ねくさん
機能・サポートならヒロセ通商
分析ツールならJFXがおすすめです。
リスク分散のために両方使えるようにしておくと良いと思います。

 

主な使い分け方はこちらです。

  • マイナーな通貨ペアやバイナリーオプションを利用したい方、手厚い電話サポートを受けたい方はヒロセ通商がおすすめ
  • マーケット分析やボラティリティ表が見たい方、MT4で分析をしたい方はJFXがおすすめ

 

さらに言えば、どちらかのシステムが何らかの理由で使えなくなった時を想定すると、

両方使えるようにしておくのがおすすめと言えます。

 

「ヒロセ通商」の公式サイトはこちら

私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら

 

「JFX」の公式サイトはこちら

分析ツールに強い「JFX」の公式ページはこちら

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

【まとめ】ヒロセ通商とJFXどっちがいいのか?

 

今回は「ヒロセ通商とJFXどっちがいいのか」についてお話しました。

 

結論はこちらです。

  • システム面ではほぼ同スペック
  • あえてどちらか選ぶなら極わずかな差でヒロセ通商
  • JFXにしかない機能などもあるので両方利用するのがおすすめ

 

それぞれのキャンペーンも個性が出ているので必見です。

 

ヒロセ通商とJFXの主な使い分け方はこちらです。

  • マイナーな通貨ペアやバイナリーオプションを利用したい方、手厚い電話サポートを受けたい方はヒロセ通商がおすすめ
  • マーケット分析やボラティリティ表が見たい方、MT4で分析をしたい方はJFXがおすすめ

 

さらに言えば、どちらかのシステムが何らかの理由で使えなくなった時を想定すると、

両方使えるようにしておくのがおすすめと言えます。

 

本記事のまとめが1分で読めます。

この記事のまとめ(1分で読めます)

ヒロセ通商とJFXどっちがいいのか

ほぼ同スペックです。

あえてどちらか選ぶなら極わずかな差でヒロセ通商です。
JFXにしかない機能などもあるので参考にして下さい。

 

ヒロセ通商とJFXの差分や重要項目について比較した表がこちらです。(2018/10/13時点)
赤文字がより優れている項目です。

こうやって表にしてみると、ヒロセ通商もJFXも甲乙つけがたいといった感じです。

 

ヒロセ通商とJFXの主な違いを詳しく説明

ヒロセ通商とJFXの主な違いは以下の通りです。

通貨ペアや電話サポート、バイナリーオプションなどで一歩リードするヒロセ通商
マーケット分析、ボラティリティ表、MT4で差をつけるJFX

両者のキャンペーンの内容も個性が出ていて面白いです。

 

ヒロセ通商とJFXはどう使い分けるべきか

主な使い分け方はこちらです。

  • マイナーな通貨ペアやバイナリーオプションを利用したい方、手厚い電話サポートを受けたい方はヒロセ通商がおすすめ
  • マーケット分析やボラティリティ表が見たい方、MT4で分析をしたい方はJFXがおすすめ

 

さらに言えば、どちらかのシステムが何らかの理由で使えなくなった時を想定すると、
両方使えるようにしておくのがおすすめと言えます。

 

ヒロセ通商に興味が出た方は口座開設してみて下さいね。
今なら特別タイアップ中なので、当サイト限定で2,000円貰えます

スワップポイント投資をするならスワップポイントが安定して高い「ヒロセ通商」がおすすめ!

 

「ヒロセ通商」の公式サイトはこちら

\特別タイアップのため、当サイト限定で2,000円のキャッシュバック中!/「ヒロセ通商」で口座を開設して2,000円もらう

 

さらに、他社から乗り換え&1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!」

※当サイト限定特典と併用可能なので合計4,000円もらえます。

 

どちらかのシステムが使えなくなった時などを想定すると、JFXも開設しておくのがおすすめです。

JFXの公式サイトはこちら

分析ツールに強い「JFX」の公式ページはこちら

 

はむぞー
はむぞー
最後まで見てくれてありがとう!
質問があればコメント欄に書き込んでね。
ねくさん
ねくさん
ヒロセ通商に興味が出たら無料の口座開設をしてみて下さい!

 

ヒロセ通商について詳しく知りたい方は「ヒロセ通商の情報を徹底的にまとめました!」をご覧下さい。

【ヒロセ通商の徹底まとめ】スワップポイントが高いだけではない!
私が6年間利用している「ヒロセ通商」についてまとめました。特徴の一例はこちら。①FX業界では数少ない上場企業 ②NDD方式を採用しており信頼性が高い ③追証なしの即ロスカットなので、資産を守りやすい【詳細はこちらをクリック!】

 

ではではー 良き投資ライフを!

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました