【2019年】メキシコペソの政策金利の14年間の推移をグラフ化!今後の予想は?

メキシコペソ
はむぞー
はむぞー
メキシコペソに興味があるんだけど、
政策金利はどんな感じなのかな?
ねくさん
ねくさん
メキシコペソの政策金利は少しずつ下がっています。
過去14年間の推移をグラフにして解説したので、ご覧下さい!

こんにちは!投資歴15年のねくです(@nekutaru)

 

今回は「メキシコペソの政策金利」について詳しく見ていきます。
過去14年間の推移や今後の予想、発表時間などをお話していきます。

 

・メキシコペソに興味がある方
・これから買おうと思っている方
・既に投資をされている方

におすすめです。

 

メキシコペソの政策金利についてまとめると以下の通りです。

  • 過去14年間で一度下がるものの最近は上がってきている
  • 2019年7月時点では8.25%
  • しばらく上がりそうにない
  • 2019年8月16日の会合で利下げの可能性も十分にある
  • 長期的には徐々に下がっていく
  • 発表時間は日本時間の深夜3時、もしくは4時

 

質問があればコメント欄に書き込んで下さいね。

【2019年】メキシコペソの政策金利の14年間の推移をグラフ化!今後の予想は? 前編

「メキシコペソ投資」をするならスワップポイントが高い「ヒロセ通商」がおすすめ!

 

「ヒロセ通商」の公式サイトはこちら

 

\特別タイアップのため、当サイト限定で2,000円のキャッシュバック中!/「ヒロセ通商」で口座を開設して2,000円もらう

無料の投資メルマガを配信しています。

今なら登録特典でセミナー動画+資料をプレゼント。

投資やお金について学びたい方はぜひご登録下さい!

【ねくの投資メルマガの詳細はこちら

メキシコペソの政策金利とは

はむぞー
はむぞー
そもそもメキシコペソの政策金利って何のこと?
そこから教えてほしいな!
ねくさん
ねくさん
正確には「メキシコ中銀政策金利」と言います。
メキシコ中央銀行により金融政策の一つで、メキシコ内の各種金利のベースになります!
この金利によって、メキシコの国債、通貨、株価が動きます。

 

メキシコ中銀政策金利

「メキシコ中銀政策金利」

またの名を「翌日物銀行間レート」といいます。

これは銀行間で1日だけ貸し借りする時の金利です。

 

この金利がメキシコ国内のあらゆる金利のベースとなります。

2019年7月時点では8.25%となっています。

 

メキシコペソの政策金利が変動するとどうなるか?

 

政策金利が上がった場合は

  • 債券価格は下落(金利は上昇) ↓
  • メキシコペソは上昇 ↑
  • 株式市場は下落 ↓

 

政策金利が下がった場合は

  • 債券価格は上昇(金利は下落) ↑
  • メキシコペソは下落 ↓
  • 株式市場は上昇 ↑

 

という動きをします。

 

私はメキシコペソを保有しているので、基本的には政策金利は上がってくれた方が嬉しいです。

ただし、政策金利を上げすぎると経済の悪化につながるので慎重な判断が必要だと考えています。

 

メキシコペソの政策金利の発表頻度

メキシコペソの政策金利の発表頻度は年に8回です。

 

つまり「1.5ヶ月に一度」発表されます。

 

2019年は2月、3月、5月、6月、8月という感じで発表されています。

2018年は2月、4月、5月、6月、8月,10月、11月、12月で発表されました。

 

発表月に規則性はないですね。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

メキシコペソの政策金利の過去14年分の推移をグラフ(チャート)化

はむぞー
はむぞー
メキシコペソの政策金利はどんな感じで推移しているの?
ねくさん
ねくさん
過去14年の長期間にわたりグラフにしたのでご覧下さい。
2005年8月からのデータですが金利は上がったり下がったりしています

 

メキシコペソの政策金利の推移と歴史(14年分)

 

メキシコペソの政策金利の推移と歴史(14年分)をグラフにしたのがこちらです。

2005年8月から2019年7月までです。

 

 

このグラフからわかることは以下の通りです。

  • 政策金利は一旦下がるものの、その後上昇している。
  • 2007年頃と2019年に政策金利はピークを迎えている
  • 2014年~2015年は3.00%で歴史上最安値
  • 2019年7月時点では8.25%

 

2007年頃と2019年頃に「なぜピークを迎えたか?」を考えてみます。

 

2007年

2007年について考えてみます。

 

2007年と言えばリーマンショック直前でバブル景気でしたね。

景気が良く、各国の政策金利がガンガン上がっていた時期です。

 

景気が良いと、過度のインフレを防ぐために政策金利を上げることがあります。

2007年の政策金利の上昇は景気の良さが原因と考えています。

 

2008年のリーマンショック後は景気が急速に悪化したため、

それを解決するために政策金利を下げ続けました。

 

最終的には2014年6月に3.0%まで下がり、その後1年半もの間3.0%でした。

 

2019年

2019年について考えてみます。

 

1番の理由は隣の国アメリカの利上げです。

2017年から2019年にかけて、アメリカはすごい勢いで利上げをしました。

 

2年間で0.75%から2.50%へ利上げしています。

なんと、約3倍!!

 

これにより隣の国であるメキシコには

通貨安 + インフレ

というダブルパンチが発生。

 

この2つを抑えるべく、メキシコもガンガン利上げしました!

こちらも2年間で5.75%から8.25%へ1.5倍の利上げです。

 

つまり、メキシコの政策金利が上がった理由は

アメリカの利上げによる、通貨安+インフレを防ぐため

と言えます。

 

以上が、メキシコペソの政策金利の過去14年間の推移からわかることを説明しました。

 

ちなみに2019年7月時点では8.25%となっています。

 

続いて、今後の予想や見通しについてお話します。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

メキシコペソの政策金利の今後の予想と見通し(引き上げはなさそう)

はむぞー
はむぞー
メキシコペソの政策金の今後の見通しはどうなるの?
ねくさん
ねくさん
私の予想では、
・しばらく引き上げはなし
もしくは
・徐々に下がる

と考えています。

 

メキシコペソの政策金利が「しばらく引き上げがない」な理由

メキシコペソの政策金利が「しばらく引き上げがない(上がらない)」の理由は以下の3つです。

  1. アメリカの政策金利が上がらなくなった
  2. メキシコのインフレが落ち着いている
  3. メキシコペソの価格が安定している

 

この3つの理由から政策金利が上がることはなさそうと考えられます。

 

一方で、メキシコの最近のインフレ率(CPI)を考えると

しばらく横ばいor下がると予想できます。

 

それぞれ解説します。

 

①アメリカの政策金利が上がらなくなった

2019年7月時点ではアメリカの政策金利は2.50%です。

 

そして、今後は利下げの方向というのは間違いないと思います。

 

アメリカが政策金利を上げると、アメリカにお金が集まりやすくなるため、

メキシコペソ安になってしまいます。

その場合、メキシコも政策金利を上げざるをえません。

 

ですが、アメリカが政策金利を上げることは当分ないと思います。

だから、メキシコの政策金利を上げる要因が一つ減ったと考えています。

 

②メキシコのインフレが落ち着いている

 

メキシコがインフレすると、それを抑えるために政策金利を上げる必要が出てきます。

ですが、2019年7月時点のインフレ率(CPI)は3.95%と落ち着いているため、

インフレが理由で政策金利を上げる可能性は低いと考えています。

 

メキシコの過去2年間のインフレ率(CPI)がこちらです。

 

メキシコ政府はインフレ率(CPI)の目標値を3%から5%と明言しています。

 

つまり

5%を越えるようなら政策金利を上げるし、3%を下回るなら政策金利を下げる

ということです。

 

2019年7月現在は3.95%

しばらく5%を越えることはなさそうです。

 

だから、インフレ率が理由で利上げも利下げもなさそうと言えます。

 

③メキシコペソの価格が安定している

最近はメキシコペソの価格が安定しています。

 

政策金利を上げる一つの理由が通貨安です。

 

つまり

メキシコペソの価値が下がったら政策金利を上げる

ということです。

 

実際にメキシコペソ円の2019年のグラフを見てみましょう。

 

少し細かくて見にくいですが、ここ2年間は5.5円から6円あたりで安定しているのがわかります。

つまり、通貨安が理由で政策金利を上げるということもなさそうですね。

 

まとめ

メキシコペソの政策金利が「引き上げがなさそう」な理由は以下の3つです。

  1. アメリカの政策金利が上がらなくなった
  2. メキシコのインフレが落ち着いている
  3. メキシコペソの価格が安定している

 

じゃあ「いつまで引き上げがないのか?」というのを考えていきます。

 

メキシコペソの政策金利はいつまで引き上げなし?(12月が最後?)

メキシコペソの政策金利は

2018年12月に8.25%になってから7ヶ月連続で引き上げなしです。

 

では、いつまで引き上げなしか?というと

当分なし。むしろ利下げの方があり得る

と考えています。

 

なぜなら、

・最近メキシコのインフレ率(CPI)は下がっていますし、
・アメリカも利下げをし始めている

からです。

 

最速だと2019年8月16日の発表で下がる可能性があります。

 

メキシコペソの政策金利が「徐々に下がる」理由

さっき「利下げはあり得る」というお話をしましたが、

その先がどうなるのか気になりますよね。

 

結論から言うと

メキシコペソの政策金利は徐々に下がり続ける

と考えています。

 

その理由は以下の通りです。

  1. 既にリーマンショック前の水準まで上がっているから
  2. 新興国が発展していくと政策金利は下がっていくから

 

解説します。

 

既にリーマンショック前の水準まで上がっているから

 

メキシコの政策金利の過去14年間のグラフをもう一度みてみましょう。

 

 

既にリーマンショック前の水準まで上がっていますよね。

 

今後はじわじわと下がると思います。

 

新興国が発展していくと政策金利は下がっていくから

メキシコは新興国です。

だからこそ金利が高いとも言えます。

 

その分通貨の価値が不安定なんですよね。

 

今後10年、20年と進むうちにメキシコが発展して先進国に近づいて行きます。

そうすると自然と政策金利は下がります。

 

今の先進国を見ればわかりますね。

最も高いアメリカですら2.50%です。

 

メキシコの政策金利もそうやって下がっていくのだと考えています。

 

【まとめ】メキシコペソの政策金の今後の見通しはどうなるの?

メキシコペソの政策金の今後の見通しは

・しばらく引き上げはなし
もしくは
・徐々に下がる

と考えています。

 

最速だと2019年8月16日の発表で下がる可能性があります。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

メキシコペソの政策金利(2019年版)を解説

はむぞー
はむぞー
2019年のメキシコペソの政策金利はどんな感じになってるの?
ねくさん
ねくさん
2019年に特化してグラフを作りました。
2019年は政策金利がずっと8.25%のまま据え置きとなっています。

2019年のメキシコペソの政策金利をグラフにすると以下の通りです。

 

綺麗に直線となっています。

それもそのはず、1月から7月までは8.25%でずっとかわりがありません。

 

2019年8月16日の発表で下がる可能性があるので注目しています。

 

表にしたのがこちらです。

 

2019/018.25
2019/028.25
2019/038.25
2019/048.25
2019/058.25
2019/068.25
2019/078.25

 

変動なしですね。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

メキシコペソの政策金利(2018年版)を解説

はむぞー
はむぞー
2018年のメキシコペソの政策金利はどうなってたの?
ねくさん
ねくさん
2018年のメキシコペソの政策金利
7.25%からスタートし、徐々に上昇
最終的には8.25%で終わりました。
利上げが続いた1年と言えます。

 

2018年のメキシコペソの政策金利をグラフにすると以下の通りです。

 

 

7.25%でスタート

徐々に利上げをし、8.25%になりました。

理由は資金流出による通貨安と、それによる長期的なインフレ懸念を抑えるためです。

 

2018年はアメリカが政策金利を1.50%から2.50%まで一気に引き上げました。

その影響で、世界中の資金がアメリカに流れていきました。

 

つまり、メキシコからもアメリカに資金が流れてしまったのです。

その結果、ペソの価値が下がりインフレが進みました。

これを抑えるための利上げされています。

 

2018年のメキシコペソの政策金利を表にしたのがこちらです。

 

2018/017.25
2018/027.50
2018/037.50
2018/047.50
2018/057.50
2018/067.75
2018/077.75
2018/087.75
2018/097.75
2018/107.75
2018/118.00
2018/128.25

 

2018年はメキシコの政策金利は安定して上昇していたと言えます。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

メキシコペソの政策金利の発表日と時間は?(次回はいつ?)

はむぞー
はむぞー
メキシコペソの政策金利の発表時間って何時頃なの?
ねくさん
ねくさん
日本時間の深夜3時か4時に発表されることが多いですね。

メキシコペソの政策金利が発表されるのは、1.5ヶ月に1度の会合が終わったあとです。

なので、日本時間の深夜3時か4時です。

 

これは事前に決まっているものの、法則性はありません。

 

次の会合は2019年8月16日(金)の深夜3時です。

利下げの可能性も十分にあるので注目です。

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

【まとめ】メキシコペソの政策金利

今回は「メキシコペソの政策金利」について詳しくお話しました。

過去14年間の推移や今後の予想、発表時間などをお話していきます。

 

メキシコペソの政策金利についてまとめると以下の通りです。

  • 過去14年間で一度下がるものの最近は上がってきている
  • 2019年7月時点では8.25%
  • しばらく上がりそうにない
  • 2019年8月16日の会合で利下げの可能性も十分にある
  • 長期的には徐々に下がっていく
  • 発表時間は日本時間の深夜3時、もしくは4時

 

メキシコペソへの投資を検討している方は参考にして下さい!

 

はむぞー
はむぞー
最後まで見てくれてありがとう!
質問があればコメント欄に書き込んでね。
ねくさん
ねくさん
メキシコペソに興味が出たら少額から投資してみて下さい!

 

「メキシコペソ投資」をするならスワップポイントが安定して高い「ヒロセ通商」がおすすめ!

 

「ヒロセ通商」の公式サイトはこちら

\特別タイアップのため、当サイト限定で2,000円のキャッシュバック中!/「ヒロセ通商」で口座を開設して2,000円もらう

 

ヒロセ通商について詳しく知りたい方は「ヒロセ通商の情報を徹底的にまとめました!」をご覧下さい。

【ヒロセ通商の徹底まとめ】スワップポイントが高いだけではない!
私が6年間利用している「ヒロセ通商」についてまとめました。特徴の一例はこちら。①FX業界では数少ない上場企業 ②NDD方式を採用しており信頼性が高い ③追証なしの即ロスカットなので、資産を守りやすい【詳細はこちらをクリック!】

 

メキシコペソ投資についての情報や実績は「メキシコペソ投資の実績をブログで公開中」をご覧下さい

【メキシコペソ円投資の始め方】ローリスクで運用した実績をブログで公開!
【メキシコペソの投資方法と実績:57週目】について話します ☑レバレッジ1倍なのでリーマンショック級の大暴落にも耐えられて非常に手堅い ☑年間利回り10.26%で5,600円から投資可能 ☑5,600円投資すると年間で588円のスワップポイントが受け取れる 高めの利回りが欲しい方は一緒にメキシコペソ投資を始めましょう!

この記事を読むだけで、メキシコペソ投資について理解できるようになっています。

 

メキシコペソ円の見通しについて詳しく知りたい方は「メキシコペソ円の見通しを解説」をご覧下さい。

【2019年最新版】メキシコペソ円の見通しを為替チャートで徹底解説!今後のレートや相場動向を予想
「メキシコペソ円の見通し」について詳しく書きました。為替チャートの解析や、今後のレート、相場動向の予想も含めて書いてます。この記事は ・メキシコペソの今後の見通しが気になる・メキシコペソってぶっちゃけ上がるの?という方におすすめです。本記事を読むと、投資すべきか判断できるようになります!

 

メキシコペソのスワップポイントならセントラル短資FXみんなのFXも高いのでおすすめ!

 

詳しく知りたい方は「メキシコペソのスワップポイントを比較」をご覧下さい。

【2019年11月最新版】メキシコペソのスワップポイントの推移をランキングで比較(上位5社)
【2019年11月最新版】メキシコペソのスワップポイントの推移を徹底的に比較(上位5社)してランキングにしました!過去20ヶ月分のスワップポイントも比較。メキシコペソへの投資を検討している方に特におすすめです!

 

ではではー 良き投資ライフを!

 

1番上の目次(もくじ)に戻る

 

コメント

  1. 廣瀬 明子 より:

    メキシコペソまた5.3代まで下がってきました。16日の金利を下げる発表があると5.00を切る可能性が増すということでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました