【2018年 見通し/予想】豪ドルの金利は上がる?豪ドルは100円行く?

豪ドル
▼スポンサー「マネフルFX」さん▼
マネフルFX

こんにちは!豪ドル(オーストラリアドル)一筋6年のねくです(@nekutaru)

今回は
「豪ドルの金利は上がるかどうか?100円行くかどうか?」

についてお話します。

「豪ドルに投資したいけど、今後の金利の見通しが気になる」
「下がり続ける豪ドルの政策金利に歯止めはかかるの?」

という投資家の方におすすめです。

為替レートとの相関チャートから推移を見つつ、
シナリオを考えていきます。

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

【2018年 見通し予想】豪ドルの金利は上がる?豪ドルは100円行く?

Youtube毎日投稿しています!チャンネル登録すると動画投稿の通知が受け取れます。

豪ドル買うならスワップポイントが高い「ヒロセ通商」がオススメ!私も9,239万円分買っています。
口座開設はヒロセ通商の公式HPからどうぞ。5分でサクッと出来ます!

【見通し/予想】豪ドルの政策金利は上がるのか?

私個人の意見としては、
「中期的(1~3年)には上がる」
です。

 

理由としては
・オーストラリアは経済は順調に成長しているから
・オーストラリアはチャンスがあれば政策金利を上げたいと思っているから
です。

上がるのは時間の問題かと考えています。

それぞれ説明してきます。

目次に戻る

オーストラリアの経済は順調に成長している

オーストラリアという国は経済が非常に安定しており、
27年連続で景気後退していない、唯一の先進国となっています。

 

経済のコントロールが非常にうまい国と言えます。

 

為替レートの変動の大半は外部要因なのです。

 

主な外部要因としては
・中国経済
・アメリカ経済
・日本経済
・資源価格
です。

 

これらの外部要因が安定し、インフレ率が3%を超えてくる場合
利上げが見えてきます。

目次に戻る

オーストラリアが政策金利を上げたい5つの理由

オーストラリアが利上げをする理由は大きく5つあります。

 

①自国へ他国の投資マネーを集めたい
②自国の経済が低迷した時用に政策金利を下げる余地を作る
③自国の経済の加熱を抑えたい(インフレさせたくない)
④自国の通貨の価値を維持したいから(インフレさせたくない)
⑤自国の通貨を高くして輸入を有利にしたいから

 

この中で、オーストラリアがチャンスがあれば政策金利を上げたい
と思っている主な理由は
①と②です。

 

③から⑤は最近のオーストラリアでは該当しない状態です。

 

①から⑤まで解説していきます。

 

①自国へ他国の投資マネーを集めたい

これはオーストラリアの成長戦略が関係してきます。
オーストラリアが高金利通貨である理由の一つでもあります。

 

オーストラリアは土地が非常にある大きい国です。
しかし一方で国民は2400万人程度と、日本の5分の1しかいません。

 

国民が少なければ内需も期待できません。

 

そんな中、国を発展させるにはお金が必要です。
そのために他国から投資マネーを集める必要があります

 

つまり
投資家の気を引くために意図的に高金利に誘導しているのです。

 

私も、これを見てるあなたも、豪ドルの高金利に惹かれてますよね(笑)
見事な戦略です。

 

②自国の経済が低迷した時用に政策金利を下げる余地を作る

政策金利を経済のコントロールに使う時のお話です。

 

日本とかまさにそうですが、
景気が悪くなって来ると金利下げますよね?

 

でも金利0だとどうしますか?

 

下げれませんよね?(笑)
※まぁ日本はマイナス金利というウルトラCを実施してしまったわけですが。。。

 

つまり、
不況時に金利が下げれるように、余裕がある時に金利を上げておく
ということです。

 

※一般的に金利を上げると経済は抑制されるので、
 ショックが少ないように好景気時に上げることが多いです。

 

③自国の経済の加熱を抑えたい(インフレさせたくない)

これも、②と同じく
政策金利を経済のコントロールに使う時のお話です。

 

今ちょうどアメリカがこの状況です。
ただでさえ景気が良かったのに
トランプさんが大型減税するもんだから
アメリカの中央銀行(FRB)は焦って金利を上げています。

 

2018年7月現在で2.0%、今年中にあと2回は金利を上げるようです。

 

一般的に金利を上げる場合、
お金が借りにくくなって、経済は抑制されます。

 

この手法を使い、インフレが加速しすぎないようにします。

 

高すぎるインフレ率は経済に悪影響を及ぼします。

 

今日100円のパンが来年には200円になってたら困りますよね?
極端ですが、そういう話です。

 

なので、各国はインフレ率を2%から3%にするように調整しています。

 

日本はインフレ2%を目指していますね
実現性は乏しいですが(笑)

 

④自国の通貨の価値を維持したいから(インフレさせたくない)

こちらも③と同じですが、状況が違います。

 

通貨の価値が継続して落ちているような国の場合です。

 

この場合、通貨の価値が落ち続けているので
放置すると急激なインフレになってしまいます。

 

それを防ぐために高金利にし、他国から投資マネーを集めます。
そうやって通貨の価値を維持しています。

 

最近人気の
南アフリカランド、メキシコペソ、トルコリラ
あたりがわかりやすいです。

 

最近のオーストラリアは経済が安定しているので、
あまり当てはまらなくなってきています。

 

⑤自国の通貨を高くして輸入を有利にしたいから

これは貿易的な観点です。

 

自国通貨を高くした場合、輸入する際に少ない通貨で輸入出来ます。(輸入産業が儲かる)
逆に輸出は多くの通貨が必要になります。(輸出産業が損する)

 

輸入が主力の国では有効です。

 

2016年時点では
・輸出(3,303億豪ドル)
・輸入(3,423億豪ドル)
と輸入と輸出がほぼ同額
となっていますので、

 

最近のオーストラリアでは当てはまりません。

 

まとめ

つまり、オーストラリアは

 

「自国の経済状況が許せば」

 

①自国へ他国の投資マネーを集めたい
②自国の経済が低迷した時用に政策金利を下げる余地を作る

 

という目的で政策金利を上げたいと思っています。

目次に戻る

なぜオーストラリアは政策金利を下げ続けたのか

今の豪ドルの金利は全盛期の2割です。(ピーク7.5%、今1.5%)
なぜこんなにも政策金利を下げ続けたのか?

 

それは

 

「自国の経済を成長させたいから(インフレさせたい)」

 

この1点に尽きます。

 

自国をインフレさせるための手法として、
政策金利を下げて、市場に出回るお金を増やす
という手法があります。

 

その成果は出ており、結果的に
27年連続で景気後退しない
という非常に安定した経済を実現しています。

 

逆にいうと、
「自国の経済が安定してきた(インフレしてきた)」
時は政策金利が上がるチャンスです。

 

2016年9月から現在(2018年7月)に至るまで22ヶ月間
政策金利は1.5%で据え置きです。

 

つまり経済が安定してきたとも言えます。

 

オーストラリアは

 

「自国の経済状況が許せば」

 

①自国へ他国の投資マネーを集めたい
②自国の経済が低迷した時用に政策金利を下げる余地を作る

 

という目的で政策金利を上げたいと思っていますので、

 

経済状況が上向いてきた今、
遠くない将来に金利が上がる可能性は十分あると考えます。

目次に戻る

チャートから見る政策金利が上がる2つのシナリオ

こちらの
豪ドルの為替レートと政策金利の長期チャート(1991-2011)
を見て下さい。

 

豪ドル政策金利為替レート相関2_加工後

赤が為替レート
青が政策金利
です。

 

これを見ると、政策金利が上がる場合2つのパターンが考えられます。

 

・為替レートと政策金利が反比例するパターン(チャート左側)
・為替レートと政策金利が正比例するパターン(チャート右側)

 

です。

 

つまり今後金利が上がる場合、こういう2つシナリオになります。

①豪ドルの為替レートが下がり、その維持のために政策金利を上げる
②オーストラリアの経済が好調のため、戦略的に政策金利を上げる

それぞれのシナリオを説明します。

①豪ドルの為替レートが下がり、その維持のために政策金利を上げる

・為替レートと政策金利が反比例するパターン(チャート左側)

です。

 

具体的に、オーストラリアの経済が悪化するような場合です。

 

この場合、政策金利は上がり、スワップポイントは増えますが、
為替レートは落ちており
オーストラリアとしての経済の安定性、信頼も落ちている状況です。

 

素直に喜べませんね。。。

 

この場合は
「下げ幅を見極めつつ、慎重に安値で買っていきたい」
です。

 

今までの経済成長を見る限り、あまりないパターンかと思います。

 

②オーストラリアの経済が好調のため、戦略的に政策金利を上げる

・為替レートと政策金利が正比例するパターン(チャート右側)

です。

具体的にはオーストラリアのインフレ率が3%程度に近づいた場合

このシナリオになる可能性があります。

 

「オーストラリアへ他国の投資マネーを集めたい」
という目的で政策金利を上げますので、
為替レートが下がるような可能性は低いです。

 

逆に2003年から2008年までのように
大衆投資家が

 

「政策金利が高い」から買う

と動き、その結果

「為替レートが上がり」
「政策金利も上がる」

 

というようなバブルが形成される可能性もあります。

 

このような場合は、暴落に気をつけつつ、買いでついて行きたい所です。

こうなると豪ドルスワップ投資が楽しくなりますね(笑)

目次に戻る

【豪ドル見通し】100円まで行くか?

結論から言えば、「豪ドルが100円まで到達するのは1,2年は厳しい」です。

理由は以下の3つです。

 

  • オーストラリアの政策金利がなかなか上がらない
  • アメリカの政策金利がどんどん上がっている
  • 中国経済が失速気味(少子高齢化など先行きも暗い)

 

オーストラリアの政策金利がなかなか上がらない

1つ目の理由は、「オーストラリアの政策金利がなかなか上がらないから」です。

オーストラリアの政策金利は現在1.5%。
この状態が2年近く続いています・

オーストラリアの政策金利が上がらない場合、豪ドルの魅力も薄れるため、100円に到達するには
オーストラリアの政策金利が上がることが必須と言えます。

2020年頃には利上げが始まるとの予想が大半を占めていますので、
あと1,2年は豪ドルの価格は上がりにくいと考えています。

アメリカの政策金利がどんどん上がっている

2つ目の理由は「アメリカの政策金利がどんどん上がっているから」です。

アメリカは利上げが行われており。
2018年10月現在では2.25%となっております。

2年ほどかけて3.25%程度まで上がっていくと考えています。

この場合、アメリカの政策金利とオーストラリアの政策金利の差が開き、
資金がアメリカの方に流れ、豪ドルの為替レートは下がります。

中国経済が失速気味(少子高齢化など先行きも暗い)

3つ目の理由は「中国経済が失速気味だから」です。

オーストリア経済と密接な関係にある中国経済が失速した場合、
豪ドルは下がります。

そして、中国経済の将来はそんなに明るくありません。
なぜなら一人っ子政策の影響により少子高齢化がすごい勢いで進んでいるからです。

豪ドルが100円に到達するためには、中国経済の回復が必須と言えます。

【豪ドル見通し】100円まで行くか?のまとめ

結論から言えば、「豪ドルが100円まで到達するのは1,2年は厳しい」です。

理由は以下の3つです。

  • オーストラリアの政策金利がなかなか上がらない
  • アメリカの政策金利がどんどん上がっている
  • 中国経済が失速気味(少子高齢化など先行きも暗い)

オーストラリアの政策金利が上がり、中国経済が回復し、アメリカの政策金利も落ち着いてくる
そうなった時は「豪ドルが100円に到達する」そう考えています。

すぐには厳しそうです。

目次に戻る

おわりに

今回は
「豪ドルの政策金利は上がる?」

についてお話しました。

「豪ドルに投資したいけど、今後の金利の見通しが気になる」
「下がり続ける豪ドルの政策金利に歯止めはかかるの?」
という問に回答できたと思います。

はむぞー
はむぞー
最後まで見てくれてありがとう!
ねくさん
ねくさん
豪ドルに興味が出たら少額から投資してみて下さいね。
豪ドルを買うならヒロセ通商がおすすめです!

1番上の目次(もくじ)に戻る

豪ドル投資についてもっと知りたい方は「豪ドル投資家に読んで欲しい記事まとめ」をご覧下さい。

豪ドルならスワップポイントが一番高い「ヒロセ通商」がおすすめです。私も9,239万円相当買ってます。
他社から乗り換え&豪ドル1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!」

▼5分で開設可能こちらからサクッとどうぞ!無料です▼
私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら

▼おすすめのFX会社「ヒロセ通商」について詳しくまとめています▼

ヒロセ通商は豪ドルのスワップポイントが高いだけじゃない!【ヒロセ通商まとめ】
私が6年間利用している「ヒロセ通商」についてまとめました。特徴の一例はこちら。①FX業界では数少ない上場企業 ②NDD方式を採用しており信頼性が高い追証なしの即ロスカットなので、資産を守りやすい【詳細はこちらをクリック!】

ではではー 良き投資ライフを!

1番上の目次(もくじ)に戻る

コメント