【賃貸の人必見!】火災保険料を年間4,000円にする方法とは?

固定費削減
こんにちは!

投資歴15年のねくです(@nekutaru)

 

今回は火災保険料の見直しの話です。
特に賃貸物件に住んでいる人には是非見て欲しいです。

 

私はこれで年間6000円節約出来ています!

 

やり方は簡単だし、一度やればずっとお得ですよ!

 

他の節約テクニックに比べてあまり広まってない気がするので書きました。

 

保険が全て不要という訳ではないので、ご注意下さい。
ご自身の目的、状況に合わせて必要な分だけ加入することをおすすめします!

 

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

火災保険料を年間4000円に節約する方法とは?賃貸の人必見!

無料の投資メルマガを配信しています。

今なら登録特典でセミナー動画+資料をプレゼント。

投資やお金について学びたい方はぜひご登録下さい!

【ねくの投資メルマガ】の詳細はこちら

【ねくの投資メルマガ】投資歴15年のプロが教える無料メルマガ【登録特典付き】
【メルマガ特典でセミナー動画&資料をプレゼント中!】「投資について全くわからない初心者」でも、たった10通のメールを読むだけで、投資の基礎が学べ、投資詐欺を見破れるようになるそんなメルマガです!

火災保険料を4,000円にする方法

「火災保険料を4,000円にする方法」とは

補償内容を見直して、
日新火災海上保険の「お部屋を借りるときの保険」に乗り換えること

です!

 

これで私は年間4,000円にできました。

 

乗り換える前は2年で2,0000円なので、年間1,0000円でした。

 

つまり年間6000円の節約に成功
電話やネット上で手続きするだけで簡単なので、是非やりましょう!

一度やればずっとお得ですよ!

 

数多くある火災保険を比較して結論出したので、
ほぼ間違ってないかと思います。
※より良い火災保険があれば教えて下さい!

 

まずは火災保険について説明していきます。

目次に戻る

 

火災保険ってなに?

住宅を購入した方は、購入時に一括30年とかで火災保険に入っていると思いますが、
賃貸住宅にお住みのそこのあなた!

 

自分が何の火災保険に入っているかご存知ですか?

 

はい、普通知りませんよね(笑)

 

私も数年前まで知りませんでした。
そのせいで何万も損してたなんて、、、(泣)

 

このブログを見てくれているあなたにはそんな悲しいことはさせたくない!
という気持ちでこの記事を書いています(*^^*)

 

今の「お部屋を契約した時」を思い出して下さい。

 

「AIG損保のリビングパートナー保険」(なぜか賃貸時の保険はこれが多いです)
とかセット入ってませんか?
2年契約で2万円とかだと思います。

 

それが、「火災保険」です!

 

そして「更新料の時期にこれまた同時に更新される」という。
これを何も考えずに払ってしまっている方が多いです。

 

非常にもったいないです!!

 

補償内容を見直して、節約しましょう(*^^*)

火災保険の5つの補償

火災保険である「お部屋を借りるときの保険」には大きく5つの補償がついています。

火災以外でも補償してくれるんですね。

 

知っておくと何かあった時に助かりますよ♪

 

補償はそれぞれ

 

  • 借家人賠償
  • 修理費用
  • 個人賠償責任
  • 家財の損害
  • 法律相談費用

 

です。

それぞれ噛み砕いて説明していきますね。

 

※各種補償は会社によって異なるので
「お部屋を借りるときの保険」の例を紹介します。

 

借家人賠償

大家さんに対する法律上の損害賠償責任を補償します。

 

簡単に言うと、火事で借りているお家が燃えた場合(火災)
大家さんにお金を払う必要があります

 

そのお金を補償してくれます。

 

まさに火災保険の中心となる補償ですね。

 

修理費用

借りているお部屋のドアや窓ガラスなどを修理した際の修理費用を補償します。

 

これは火災以外でも
・空き巣に窓を壊された!
・道路から石が飛んできて窓が割れた!
とかも補償してくれます。

心強いですね!あまりそんなこと起きませんが(笑)

個人賠償責任

他人のものを壊したり、他人にケガをさせてしまったときの法律上の損害賠償責任を補償します。

例えば

・洗濯機が水漏れで下の部屋を水浸しにした時
・子供が自転車で他人の車にぶつけて壊した時

 

逆に自分や家族が管理しているものはこわれても補償されません。
・友達に借りてるゲームを壊した。
・妻の携帯を壊した。

 

家財の損害

所有している家具や家電、衣服などの家財の損害を補償します。

 

これが一番火災保険料に響く所ですね。

 

高いもので例えると
冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン
とかです。

 

これらが災害により損害が発生した場合補償してもらえます。

 

法律相談費用

被害を受けた場合に負担した弁護士費用や法律相談費用を補償します。

 

これは自分が被害を受けた時の弁護士費用を補償してくれるものです。
・雨漏りのせいで損害を受けたので大家さんとの調整を弁護士に相談した。
・子供が自転車にはねられてケガをしたので弁護士に相談した。

 

などです。

 

逆に
・DVなどの家庭内の損害
・自動車乗車中の損害
は対象外です。

目次に戻る

 

補償内容の見直し

では、補償内容を見直していきましょう。

 

補償項目は以下の5つですが、

 

  • 借家人賠償
  • 修理費用
  • 個人賠償責任
  • 家財の損害
  • 法律相談費用

 

「お部屋を借りるときの保険」では

 

火災保険料に影響するのはそのうち
「家財の損害」
のみです。

 

それ以外の項目は以下で補償額で固定されています。
必要十分かと思います。

 

  • 借家人賠償 2,000万円
  • 修理費用 300万円
  • 個人賠償責任 1億円
  • 法律相談費用 30万円

 

では「家財の損害」額を以下のサイトでシミュレーションをしてみます。

保険料 3秒 カンタン見積 | お部屋を借りるときの保険

私の場合
・30歳前後、大人2人、子供1人
なので入力してみると、、、

なんと!!

「家財の損害」の金額は770万円

 

え、そんなにいるの?
って思いますよね。

 

私も思いました。

 

そもそも家財って何かというと、
家具、家電、衣服その他の生活に必要な動産

です。

つまり、高いので言うと、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコンとかでしょうか。

 

あとは
あなたのお家にあるものを一通り揃え直すのにいくらかかるか?」
で「家財の損害」額を決めれば良いと思います。

 

私は明らかに770万も不要なので、最低額の100万にしました。
この辺はあなたの補償額を考えてみて下さい。

「お部屋を借りるときの保険」では「家財の損害」額を100万にすると、

年間4,000円の火災保険料になります。

 

はい!
火災保険料を「年間4,000円」に抑えられましたね(*^^*)

 

仮にもっとたくさんの補償額を設定したとしても、
明らかに今の保険より安くなると思います。

 

例えば私の「家財の損害」額は
乗り換え前(リビングサポート) ⇒ 400万円で保険料年1万円
乗り換え後(お部屋を借りるときの保険) ⇒ 400万円だとすると保険料は年7千円

 

同じ補償でも、見直すだけで年間3000円の節約になります。

 

あなた自身が求める補償内容を入力して、ご自身の保険料をシミュレートして見て下さい。

目次に戻る

 

契約途中の火災保険も解約で返金出来る!

さて、乗り換えの時が近づいて来ました!
気になるのは「今の火災保険って無駄になるの?」

 

ってことですね。

 

はい!安心して下さい(*^^*)

 

契約途中の火災保険も解約で「返金」出来ます!

 

契約更新直前だと返金してもらえないかもしれませんが、連絡して見る価値ありです!
私は契約5ヶ月の時点で解約し、14,660円戻ってきました。
大抵のパターンで返金してもらえると思います。

目次に戻る

 

火災保険を乗り換える場合の注意点と補足

最後に火災保険を乗り換えるにあたり、注意すべき点と補足をします。

 

注意点

・大家さんとのコミュニケーション
原則、賃貸契約と火災保険の契約は独立しているはずですが、
大家さんによっては何か言われる可能性があります。

 

・乗り換えがバレて大家さんに問い詰められる。(まずバレません。乗り換えても大家さんに連絡は行きません。)
・契約更新時に大家さんに既存の保険を再度お願いされる。

 

どちらの場合も
大家さんに影響がある項目(借家人賠償)については同水準(2,000万円)を維持している」こと
をちゃんと説明すれば問題ないと思います。

 

ちなみに私は何も言われていません。

 

・賃貸契約の内容を確認しよう
基本的に問題ないと思いますが、念の為火災保険を乗り換える場合は
「賃貸契約に火災保険を指定するなどの項目がないか」
を確認しておくと良いと思います。

 

補足

・引越し時の手続きは簡単&無料
引越しした場合は住所変更手続きをするだけでOKです。
保険に入り直す必要や、追加で費用がかかることもありません。

 

・更新は自動更新
更新は自動更新なので楽です。
ただし、自宅を購入した/実家に引越したなど、
賃貸自体をやめた場合は忘れずに解約してくださいね。

 

目次に戻る

 

おわりに

今回は火災保険料の見直しについてお話しました。

 

特に賃貸物件に住んでいる人には是非見て欲しいです。

 

私はこれで年間6000円節約出来ています!

 

やり方は簡単だし、一度やればずっとお得ですよ!

 

ここまで見てくださった方々ありがとうございます。

 

住宅費を抑えたい方必見!

ではではー

コメント

タイトルとURLをコピーしました