【トルコリラ見通し】為替レートと政策金利のチャートを分析

トルコリラ

こんにちは!豪ドル一筋6年のねくです(@nekutaru)

この記事はトルコリラで強制ロスカットされる人を減らすべく書いています。
「トルコリラの金利の高さが気になっているあなた」にオススメの記事です。

長期投資するなら、リスクを極力抑えてレバレッジ1倍でいきましょう。

トルコリラに投資をするならスワップポイントが高いみんなのFXがおすすめです。

当サイト限定で最大53,000円のキャッシュバック中です!

 

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

【トルコリラ見通し】為替レートと政策金利のチャートを分析

Youtube毎日投稿しています。チャンネル登録お願いします!(動画投稿の通知が受け取れます)

▼トルコの経済について気になる方はこちらもどうぞ▼

【トルコ経済のまとめと見通し】政策金利や為替レート等をチャート化
トルコの政策金利や為替レート、経済状況の過去の推移をチャート(グラフ)にして見ていきます。【結論】短期的には経済が安定しないため、投資する場合は慎重にすべきと考えます。【詳細を本文をご覧下さい】

 

為替レートは最安値を更新し続けている

まず、トルコリラ円の為替レートのグラフを3種類見ることで
今までのトルコリラの動きをおさらいします。

①1990年から2017年のトルコリラ円 為替レート(長期間)
②2001年から2017年のトルコリラ円 為替レート(中期間)
③2014年から2018年06月のトルコリラ円 為替レート(短期間)

①1990年から2017年のトルコリラ円 為替レート(長期間)

1990年から2000年に掛けて急激な下落が起きています。
これは成長中の国ではよく起きる減少です。
このままでは2001年以降が見にくいので拡大します。

②2001年から2017年のトルコリラ円 為替レート(中期間)


こちらは16年間かけて100円から30円まで価格が落ち続けています
まだまだ通貨が安定する様子は見えませんね。

では、もう少し拡大し2014年からのグラフを見てみましょう。

③2014年から2018年06月のトルコリラ円 為替レート(短期間)

4年半47円から23円まで落ち続け、今でも過去最安値を更新し続けています。

2018/08/02時点で22.10と更に最安値更新しています。

このグラフを細かく見ていくと3つのことがわかります。

①2014年から2015年にかけてレートが10円上昇
②2015年以降右肩下がり
③2018年7月最安値更新

①の上昇は金利を4.5%から10%に一気に上げたことによる影響です。
しかしながら、長期的な為替レートの上昇には結びつかず、
②のように下がり続けています。

そして③の通り最安値の更新を続けている状況です。

以上のことから

トルコリラの為替レート27年間の間、最安値を更新し続けている

と言えます

どこまで落ち続けるのかは誰にもわかりませんが、
少なくとも当分の間は落ち続けると私は思います。

次は政策金利がどう不安定なのか?を見ていきます

目次に戻る

政策金利が不安定

トルコ政策金利の2008年から2018年7月までのグラフです。

このグラフからは3つのことがわかります。

①リーマンショック直前の好景気の頃は17%近い政策金利だった
②2013年まで下落し続け最低値は4.5%
③2018年5月為替レートの下落を食い止めるため突然2倍の16.5%へ

これが
「トルコの政策金利が不安定である」
と言った理由です。

最高値と最低値で4倍違います。

長期間トルコリラを保有する場合、金利が最低値の4.5%になる場合も十分考えられます。

来月以降の金利の見通しですが、
為替レートの下落が収まるまでは高い金利が続くと考えます。
そして、為替レートが落ち着き次第、段階的に金利は下がり、8%付近まで戻すと推測します。

つまり、今の超高金利は暫定処置と認識しています。

なぜなら、金利が高いと国内にお金が回らなくなり、不況になるからです。

好景気によるインフレを抑える利上げなら良いですが(例:今のアメリカ)
為替レートの下落を防ぐ利上げは良くないです。(例:今のトルコ)

だから、遠くない将来、金利は元に戻ると考えています。

目次に戻る

政策金利と為替レートから見る今後の見通し

政策金利と為替レートから今後の見通しを考えていきましょう!

まずは、トルコの政策金利と為替レートの推移(2008年から2018年7月)のグラフをご覧下さい

このグラフはまず以下の2つの期間に分けることができます。(画像の上部に記載)

A.金利とレートが連動している期間(2008年から2013年)
B.金利とレートが連動していない期間(2014年から2018年)

それぞれの期間、金利とレートがどれくらい連動しているか、を
相関係数という形で計算しました。(1や-1に近いほど連動している。0は全く連動しない)

結果は以下の通りです。
・期間A 0.84(非常に強く連動している)
・期間B -0.32(あまり連動していない)

つまり

・期間Aが連動している
・期間Bが連動していない

ということがグラフの見た目だけでなく、計算上もわかります。

期間Bが連動しない理由

トルコの中央銀行が政策金利を急激に上げることで為替レートを無理やり操作しようとしているからです。

先程の画像をもう一度お見せします。

具体的には①と②の四角の部分です。

①2014年01月の出来事

政策金利を「4.5%」から「10%」に急激に2倍にしたことです。
この時、為替レートは43円から54円まで約2割レートが上昇しましたが、結局下落し続けました。
政策金利はその後1年間緩やかに下落し、7.5%まで落ちています

②2018年05月の出来事

政策金利を「8.0%」から「16.5%」に急激に2倍にしたことです。
トルコの中央銀行は2014年01月の時と同じ行動をしています。

そのため、今後の見通しは以下のようになります。

・政策金利は1年程かけて段階的に落ちていく
・為替レートが短期的に上昇後、再度下落し、最安値を更新する

前回の動きからこのように予測できます。

また、それぞれの見通しを原理的に説明可能です。

政策金利が段階的に落ちていく理由

「政策金利が高止まりすると国内経済を悪化させるから」です。

金利が高いと国内経済が悪化するのは、お金が借りづらく、経済が停滞するからです。

異常に高い政策金利いつまでも維持出来るものではありません。

為替レートが短期的に上昇後、再度下落し、最安値を更新する理由

政策金利が急激に上がれば投資マネーが流れ込みます。(私やあなたのような投資家のお金です)
ですが、本質的には過度なインフレが収まったり、通貨の価値は上がっていないため
ある程度の買いが入ると再度下落していきます。

更に政策金利を高くしていることによる経済への悪影響が更に通貨の価値を下げます。

これが「通貨の価値が安定する」まで「永遠」に繰り返されます。

【まとめ】トルコの政策金利と為替レートの今後の見通し

今後の見通しは以下のようになります。

・政策金利は1年程かけて段階的に落ちていく
・為替レートが短期的に上昇後、再度下落し、最安値を更新する理由

世界的なバブルが起これば別ですが、
現状のままではこのような動きになります。
逆に大暴落が起きた場合は一気に為替レートは落ちると考えています。

しっかりとリスク管理していきましょう(*^^*)

目次に戻る

スワップポイントが1/4になってもあなたはトルコリラを持ち続けますか?

「スワップポイントも高いし、これからトリコリラを買おうかな」というあなたに質問です。

「スワップポイントが1/4になってもあなたはトルコリラを持ち続けますか?」

「YES」なら次の章をご覧下さい。

ちょっと悩んでしまったあなた!
どういうことか、説明していきますので、考えてみて下さいね(*^^*)

政策金利のグラフをもう一度見て下さい。

2013年頃に4.5%という最低値になっている時があります。②の所です。
ちなみに金利が4.5%になるとスワップポイントは今の1/4になります。

長期的にトルコリラを持つのであればこの値になる可能性は十分にあります。
この時トルコリラに含み損があった場合、あなたは売れますか?

売れないですよね(*_*)
私なら売れません。。。

つまり「最悪の事態」というのは

・含み損で売れず
・スワップポイントが今の1/4

という状態です。

長期的にトリコリラに投資するのであれば、十分ありえます。

改めて聞きます

あなたは「トルコリラのスワップポイントが今の1/4になっても保有できますか?」

「YES」なら次の章へどうぞ。

「NO」ならインデックス投資や豪ドルなどの手堅い投資をしましょう(*^^*)

目次に戻る

それでもトルコリラを買いたいあなたにレバレッジ1倍の提案

さて、この章を読んでいるということは、「トリコリラを買おう!」と思っている方だと思います。

そんなあなたへの提案は
「レバレッジ1倍で買おう!」
です。

先程「最悪の事態」

・含み損で売れず
・スワップポイントが今の1/4

という状態です。

と言いましたが、厳密には違います。

本当の最悪の事態は
「強制ロスカット」
です。

トルコリラなどの高金利通貨に高いレバレッジをかけて
「強制ロスカット」
される人は後を断ちません。

実は私もマイナス200万円の強制ロスカット豪ドルでくらったことがあります(笑)

強制ロスカットほど悲しいことはないです。
せっかく頑張って貯金したお金が
増えるどころか減ってしまうんです(@_@)

あなたにはそんな思いはさせたくないです。

だから
「レバレッジ1倍で買おう!」
と提案します(*^^*)

高いスワップポイントにつられてレバレッジを掛けた取引をすることは、非常に危険と考えています。
仮にトルコリラを持つなら「レバレッジは1倍」にし、どこまでも保有し続けていく覚悟が必要です。

トルコリラは常に最安値なので、下落幅が想定しにくいです。
そのため、レバレッジをどれぐらいにすべきかも判断できません。

「もう最安値だろー!」といって強制ロスカットされて行った人を何人も知っています(*_*)

トルコリラは「レバレッジ1倍」で、長期保有するのであれば、基本的には非常に負けにくい通貨だと思います(*^_^*)

良く考えてお取引頂ければと思います。

目次に戻る

【まとめ】この記事で伝えたかった2つの事

この記事で伝えたかった2つの事をまとめます。

①今後の見通しは?

この2点です。

・政策金利は1年程かけて段階的に落ちていく
・為替レートは一旦上昇するがその後、下落していき、最安値を更新する

②トルコリラに投資するならレバレッジ1倍で!

ロスカットリスクをなくすレバレッジ1倍がオススメです!

しっかりとリスク管理して、良き投資ライフをお過ごし下さい(*^^*)

あ、
「トルコリラはちょっとリスク高いな」
って方には豪ドルをオススメしています。

目次に戻る

おわりに

今回はトルコの「為替レートと政策金利のチャート」を分析した結果についてお話しました。

一言で言えば、

「トルコリラへの長期投資はレバレッジ1倍で!」

となります(*^^*)

トルコリラに投資をするならスワップポイントが高いみんなのFXがおすすめです。

 

\特別タイアップのため、当サイト限定で最大53,000円のキャッシュバック中!/

「みんなのFXの公式ページ」はこちら!

 

みんなのFXについては「みんなのFXはスワップポイントが高いけど、評判はどうなの?」をご覧下さい

【みんなのFXはスワップポイントが高いけど評判は?】投資歴14年の投資家が徹底分析!
私が使っている理由や、実際に使ってみた評判、メリット・デメリットなどをお話しました。みんなのFXについてはこの記事さえ読めばOKです!次の方におすすめです! ☑高金利通貨(メキシコペソや南アフリカランド)に興味がある方 ☑みんなのFXを使ってみたい方 ☑みんなのFXの評判や使い心地が気になる方【詳細は本文へ!】

 

ここまで見てくださった方々ありがとうございます。
トルコリラが怖い方には豪ドルが手堅くてオススメです!
為替レートが上る前の今が仕込むチャンスかも知れません♪

はむぞー
はむぞー
最後まで見てくれてありがとう!
ねくさん
ねくさん
トルコリラを買う場合はレバレッジを抑えて慎重に買って下さいね
ハイリスク・ハイリターンな投資だと思います。
手堅く行きたい場合は豪ドルもおすすめです!

1番上の目次(もくじ)に戻る

豪ドル投資についてもっと知りたい方は「豪ドル投資の実績をブログで公開中」をご覧下さい。

豪ドルならスワップポイントが一番高い「ヒロセ通商」がおすすめです。私も9,278万円相当買ってます。
他社から乗り換え&豪ドル1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!」

▼5分で開設可能こちらからサクッとどうぞ!無料です▼
私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら

▼おすすめのFX会社「ヒロセ通商」について詳しくまとめています▼

【ヒロセ通商の徹底まとめ】豪ドルのスワップポイントが高いだけではない!
私が6年間利用している「ヒロセ通商」についてまとめました。特徴の一例はこちら。①FX業界では数少ない上場企業 ②NDD方式を採用しており信頼性が高い追証なしの即ロスカットなので、資産を守りやすい【詳細はこちらをクリック!】

▼トルコリラを買うべきか悩んでいる方はこちらもどうぞ▼

【トルコリラ見通し】為替レートと政策金利のチャートを分析
この記事で伝えたいこと ①トルコリラへの長期投資はオススメ出来ません! ②トルコリラの今後の見通しは? ③トルコリラに投資するならレバレッジ1倍で!

ではではー 良き投資ライフを!

1番上の目次(もくじ)に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました