ブログ

【月間利益1,000万円越え】アフィリエイター「キンピカさん」がすごいので紹介してみた!

はむぞー え、月間1,000万円ってすごすぎ!キンピカさんって何者? ねくさん 最近仲良くさせて頂いてるんですが、めっちゃ凄い方ですよ! こんにちは!豪ドル(オーストラリアドル)一筋6年のねく...
2019.05.07
資産運用報告(週次)

【豪ドル+南アフリカランド+メキシコペソの資産運用状況】140週目(2019年4月27日版) 今週のスワップポイント +49,241円 総資産 4,474万円

【保有資産と比率】☑豪ドル 60.9万通貨(90.6%) ☑南アフリカランド 50万通貨(7.4%) ☑メキシコペソ 20万通貨(2.2%)買い時】☑豪ドル⇒76.2円 ☑南アフリカランド⇒7.13円 ☑メキシコペソ⇒5.30円【詳細は本文をどうぞ】
2019.05.05
ループイフダン

【ループイフダンとは】投資歴15年のプロが必要資金の目安や評判を徹底的に解説

今回は「ループイフダン」について掘り下げてお話をします。・ループイフダンとは何のこと?・投資したいけどいくら資金が必要かわからない・ループイフダンの評判を知りたい という方におすすめです。この記事を読むとループイフダンについての理解が深まり、投資をすべきかどうか判断出来るようになります。
2019.05.03
FX

【ヒロセ通商のスワップポイントを徹底調査】引き出し方や付与時間、見方や土日について解説!

「ヒロセ通商のスワップポイント」について詳しく解説してます■ヒロセ通商のスワップポイントについて詳しく知りたい■他社と比べて高いのか低いのか知りたい という方におすすめです。南アフリカランドのスワップポイントが高いのが特徴です!
2019.04.29
資産運用報告(週次)

【豪ドル+南アフリカランド+メキシコペソの資産運用状況】139週目(2019年4月20日版) 今週のスワップポイント +25,825円 総資産 4,562万円

【保有資産と比率】☑豪ドル 60.9万通貨(90.6%) ☑南アフリカランド 50万通貨(7.4%) ☑メキシコペソ 20万通貨(2.2%)買い時】☑豪ドル⇒76.2円 ☑南アフリカランド⇒7.13円 ☑メキシコペソ⇒5.30円【詳細は本文をどうぞ】
2019.04.27
資産運用報告(週次)

【豪ドル+南アフリカランド+メキシコペソの資産運用状況】138週目(2019年4月13日版) 今週のスワップポイント +24,754円 総資産 4,552万円

【保有資産と比率】☑豪ドル 60.9万通貨(90.6%) ☑南アフリカランド 50万通貨(7.4%) ☑メキシコペソ 20万通貨(2.2%)買い時】☑豪ドル⇒76.2円 ☑南アフリカランド⇒7.13円 ☑メキシコペソ⇒5.30円【詳細は本文をどうぞ】
2019.04.27
トラリピ

【トラリピの設定と実績をブログで公開!】豪ドル米ドルをローリスクで運用(評判/口コミ)

【🆕トラリピで豪ドル/米ドルをローリスク運用(20週目:年利2.73%相当)】☑過去38年間の値動きに対応! ☑年利は5%~10%程度 ☑必要資金は55万円 ☑トラリピや豪ドル/米ドルについての詳しい解説アリ【おすすめな方】☑トラリピって何?という方 ☑ローリスクな資産運用がしたい方 ☑トラリピのおすすめ設定が知りたい方
2019.04.17
FTSE100

【FTSE100とは?】配当金(利回り)や金利、今後の見通しをわかりやすく解説!ブログで実績公開中

【15週目:年間利回り6.32%】FTSE100は配当金がもらえる長期投資向きの商品です。配当金や金利、今後の見通しをわかりやすく解説します!FTSE100とはイギリスの株価指数(日経平均みたいなもの)のことです。私の投資実績も全て公開していくので、一緒にFTSE100で投資をして資産を増やしましょう!
2019.04.17
トライオートFX

【トライオートFXをブログで実績検証】コアレンジャー豪ドル/NZドルをローリスクにカスタム【口コミ/評判】

【🆕運用21週目:年利2.85%相当】【トライオートFXのコアレンジャー豪ドル/NZドルがリスクが高いので、ローリスクにカスタムした設定をご紹介します】『過去33年間の値動きに対応している設定になり非常に手堅い設定』です。☑トライオートFXやコアレンジャーについての詳しい解説アリ
2019.04.17
メキシコペソ

【セントラル短資FXはスワップポイントが高い!】5,000円もらえる特別キャンペーン有り

【口座開設+5万通貨取引で5,000円もらえる!】今回は「セントラル短資FX」についてお話をします。☑セントラル短資FXって何?☑メキシコペソ円のスワップポイントが高い所を探している という方におすすめです。本記事を読むと、セントラル短資FXの特徴について理解できます。