【オーストラリア経済は中国に依存中?】輸出額、輸入額の推移を見る!

豪ドル
▼スポンサー「マネフルFX」さん▼
マネフルFX
オーストラリア経済の中国への依存度は年々高まっているため、中国の動向は要注意です!

こんにちは!豪ドル一筋6年のねくです(@nekutaru)

今回はオーストラリア経済の中国への依存度を調べました。

オーストラリアと中国の貿易(輸出と輸入)関係を時系列に並べチャートにしています。

「オーストラリアと中国って関係してるの?」という方や
「オーストラリアは中国にたくさん輸出してるからねー」とご存知の方も

ねくさん
ねくさん

改めてチャートで見ると発見が多いのでおすすめです

結論は

オーストラリア経済の中国への依存度は年々高まっており、中国の動向には要注意です

です。

詳しくは本文をご覧下さい。

豪ドルに投資をしている/興味がある方はオーストラリアと中国の関係を知っておくべきです!

<出典:JETRO>

動画や音声で視聴したい方はこちらをご覧下さい。

【オーストラリア経済は中国に依存中?】輸出額、輸入額の推移を見る!

Youtube毎日投稿しています。チャンネル登録お願いします!(動画投稿の通知が受け取れます)

▼豪ドル買うならヒロセ通商がオススメです(*^^*)私も8,160万円分買っています♪
>>私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら!<<

オーストラリアは中国に依存してる?

結論から言うと

  • オーストラリアはかなりの部分を中国に依存しており、
  • その度合は増加傾向にあります

です。

その理由は貿易の相手国の割合です。

輸出も輸入も中国がダントツの1番になっており、その割合は増加傾向にあります。

貿易全体に対して中国の割合が大きければ依存度が高いと言えます。

では、オーストラリアの輸出/輸入相手国の割合の推移を時系列チャートで見ていきましょう

1番上の目次(もくじ)に戻る

オーストラリアの輸出相手国の割合の推移を時系列チャートで見る

オーストラリアの輸出相手国の割合の推移を時系列チャートで見ましょう
2007年から2016年

このチャートは中国、日本、韓国への輸出額の割合の推移を表しています。

チャートからは以下のことがわかります。

  • 2009年に中国が日本を抜いて1位になり、そのまま上昇し、2013年をピークに下落
  • 日本は2008年以降低迷(2位)
  • 韓国は10年間ほぼ同じ割合(3位)

つまり

オーストラリアにおいて中国はダントツの輸出先(31.6%)であり、その割合は近年やや低下している
ただし、現時点でも中国に対する依存度は高いと考えている。

1番上の目次(もくじ)に戻る

オーストラリアの輸入相手国の割合の推移を時系列チャートで見る

オーストラリアの輸入相手国の割合の推移を時系列チャートで見ましょう
2007年から2016年

このチャートは中国、日本、アメリカへの輸入額の割合の推移を表しています。

チャートからは以下のことがわかります。

  • 輸入相手の中国のシェアは常にトップ、その割合も増加し続けている(23.3%)
  • アメリカ10%台で低迷(2位)
  • 日本は7%台で低迷(3位)

つまり

オーストラリアにおいて中国はダントツの輸入元(23.3%)であり、その割合は毎年増加している。
オーストラリアの中国に対する依存度は増加していると言える。

1番上の目次(もくじ)に戻る

オーストラリアの中国への依存度まとめ

オーストラリアの中国への依存度について

  • 中国への輸出
  • 中国からの輸入

という観点から考えます。

オーストラリアから中国への輸出という観点から考える

オーストラリアから中国への輸出という観点から考えると

オーストラリアにおいて中国はダントツの輸出先(31.6%)である。

その割合は近年やや低下しているが、現時点でも中国に対する依存度は高いと言える。

オーストラリアへ中国からの輸入という観点から考える

オーストラリアへ中国からの輸入という観点から考えると

オーストラリアにおいて中国はダントツの輸入元(23.3%)であり、その割合は毎年増加している。
オーストラリアの中国に対する依存度は増加していると言える。

オーストラリアの中国への依存度まとめ

つまり、オーストラリアおいて、輸入でも輸出でも中国が最大の貿易相手である。

だから

オーストラリア経済の中国への依存度は年々高まっており、中国の動向には要注意です

と言えます。

1番上の目次(もくじ)に戻る

おわりに

今回はオーストラリアの中国への依存度を調べました。

結論は

オーストラリア経済の中国への依存度は年々高まっており、中国の動向には要注意です

です。

豪ドルに投資をしている/興味がある方はオーストラリアと中国の関係を知っておきましょう(*´ω`*)

豪ドル投資に興味があれは始めてみて下さいね(^^)
まずは少額から定期積み立てしていきましょう♪
為替レートが上る前の今が仕込むチャンスかも知れません♪

中国と関係が深い豪ドルへの投資を始めてみたい方
ねくさんが6年使ってる豪ドルスワップが一番高い「ヒロセ通商」がおすすめです。
他社からの乗り換えなら豪ドル1万通貨取引で「2000円キャッシュバック!
▼5分で開設出来ますのでこちらからサクッとどうぞ!無料です▼
>>私が6年間愛用している「ヒロセ通商」の公式ページはこちら!<<

▼豪ドルのスワップポイントについて徹底比較しました!

【毎月更新】豪ドルスワップポイントの推移を比較【13社分】
【2018年10月分】毎週のスワップポイントの推移をランキング!今月は1位がパートナーズFXnanoで50.1円/日。2位がヒロセ通商とJFXで、平均50.0円/日。豪ドル投資には欠かせない情報も盛りだくさん【詳細は本文をご覧下さい】

▼口座開設方法わからんなーって方はこちらをご覧下さい♪▼

【豪ドルの始め方①】ヒロセ通商の口座開設手順を【画像44枚で解説】
10分かからないので、サクッと口座開設しましょう(^^)

ではではー 良き投資ライフを(*^^*)

コメント